<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
| main | << 3/3PAGES 

本部を語る詐欺には、基本的に知識で対向

このブログでも何度も取り上げていますが、この手の詐欺には十分注意しましょう。

コンビニ本部の部長装う 清掃代金名目で加盟店から38万円詐取(産経新聞)


 逮捕容疑は昨年12月下旬、フランチャイズチェーン本部の部長をかたって品川区の「am/pm西五反田店」へ電話をかけ、「清掃代金が未払いになっているとクレームが来た。代金を業者が待っている所へ持っていってほしい」とうそをつき、現金約38万円をだまし取ったとしている。

 同課によると、安達容疑者は電話で「店長の許可はもらった」などとアルバイト店員をだまし、店舗近くの路上まで現金を持ち出させ、業者を装って受け取っていた。電話で言葉巧みに売上金を聞き出し、詐取金額を決めていたという。


しつこいようですが、こういった「直接現金を運ぶ」というような事はまずありません。こういう電話がオーナー、店長以外からかかってきたら、かならず責任者に確認しましょう。

また、オーナー、店長の方は新人教育の際に簡単でもコンビニのお金の流れを説明しておいた方がよいです。基本的に売上は一度本部に送金され、そこから支払われるので現金の支払いはないと理解してもらった上で、例外的に現金で支払うものをリストアップしておく、という対策をしておけばよいでしょう。

コンビニ強盗に比べて、こういう詐欺は基本的な知識や連絡体制が確立されていれば、まず被害は防げるので従業員の方々も、経営者の方も十分注意してほしい所です。
JUGEMテーマ:ビジネス


Rashita * スタッフ力養成講座 * 08:40 * comments(2) * trackbacks(2)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools
このページの先頭へ