<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
| main | << 2/341PAGES >>

2016年12月、ファミリーマート売上げ

ファミリーマート/12月の全店売上6.3%増 (2017.01.10)|流通ニュース


ファミリーマート(2016年2月期売上高:4276億円)が発表した12月の月次動向によると、全店売上は前年同月比6.3%増となった。


6.3%増ということで、なかなか好調ですね。

看板替えは、165店舗がサークルK・サンクスがファミリーマートになったようです。

既存店の数字を、公式サイトから拾っておくと、ファミリーマートが、

日販  100.2
客数  99.1%
客単価 101.1%

と微妙なプラスで、サークルKサンクスは、

日販  94.8%
客数  93.8%
客単価 101.0%

と結構なマイナスです。ちなみに、サークルKサンクスの全店の売上げ高は89.3%とかなり悲惨な数字になっていますが、まあ、閉店に向かっている店舗の存在も考えれば、ごく自然な流れでしょう。

とりあえず、看板替えが進む中で、どれだけ平均の日販が維持できるのかが、一つのポイントとなるでしょう。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 13:42 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ファミマ社長へのインタビュー記事を読んで

ファミリーマートの沢田貴司社長に対するインタビュー記事が公開されていました。

【新春直球緩球】ファミリーマートの沢田貴司社長「IoTやAI技術を活用」 - 産経ニュース

もしかしたら、編集の際にざっくりまとめられすぎたのかもしれませんが、ほとんど何を言っているのかがわかりません。


加盟店が元気になる施策を取り入れることで、結果として2万店に拡大したい。


「元気になる」って具体的に何を指しているのでしょうか。利益を採れるということでしょうか、ちゃんと休みを取れるということでしょうか。それとも空元気を出せるということでしょうか。非常に曖昧です。


PDCA(計画、実行、評価、改善)をしっかり回して、追い上げたい。


はい、でました。PDCA。うんうん大切ですよね。でも、どう考えたってセブンだってPDCAを回しています。それは基本みたいなものなのです。その上で何が出来るかが重要でしょう。


モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)といった技術が進歩しており、正しく取り入れることが重要だ


おっ、流行言葉を使っておけば何か新しいメッセージに聞こえるかもしれない作戦ですかね。IoTやAIは間違いなく重要な要素となっていくでしょうが、ICチップの実証実験はローソンが進めていますし、チャットボットもローソンが元気です。こちらは非常に具体的です。対して、「正しく取り入れる」って具体的に何を意味しているのかわかりません。



コンビニのATM(現金自動預払機)は、ある意味で(ITを使った新たな金融サービス)『フィンテック』だ。


コンビニのATMってまさしくフィンテックなんですが、でもこれが便利だからこそ、設備不足の開発途上国に比べて日本での新しいフィンテックの普及は難しいだろうな、ということもわかるわけです。「将来的には、ファミリーマートらしい金融サービスをやりたい」らしいですが、ここまでくるともはや何がなんだかですね。

とは言え、所詮はインタビューであって、裏側ではちゃんと具体案があって、着々と実施されているかもしれないので、ここで文句を付けても仕方がありませんね。はい。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:14 * comments(3) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

成人の日ですが

さて、1月9日。祝日。成人の日ですね。

あいにく天気はあまりよろしくありませんが、めでたい日であることは間違いありません。アルバイトさんが多いお店だと、シフト組むのに苦労する日でもあります。

とりあえずこの日あたりを過ぎると、正月気分が消え去って、いよいよ新年の通常営業が始まったな、という気がします。あくまで気がするだけですが。

2017年は、サークルKサンクスのファミリーマートへの看板替えがますます進んでいくでしょうし、そうでなくても、取扱商品の統一化は進んでいくでしょう。名実ともにコンビニ3強時代の到来です。しかしながら、店舗数の拡大はとまることをしりません。

オーナーとしては着実な売上げを作り、利益を確保する必要があります。それがうまくいっていないと、以前紹介した過労死問題のようなことにもつながります。そういう意味では、24時間営業以上に、社会的な問題でもあるのです。

本部も本部で店舗数の拡大に見合ったオーナーの確保に困難しているようですし、加盟店も人手不足、売上げ不振に悩んでいます。はたして、このまま進んでいけるのでしょうか。ローソンもセブンの追従路線に寄っているように見えますし、セブンはセブンで脱・鈴木の後どうなっていくのか予断を許さないところです。

とまあ、暗い話ばかりを書きましたが、そんな話は別として来店してくださるお客様に満足してもらえるお店を作るのが、やっぱり一番のできることであり、やるべきことでもあるのでしょう。なるべくそちらの話を中心に書いていければと、思っております。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:49 * comments(2) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ユニクロのネット通販、ファミリーマートとローソンでも受け取り可能に

ユニクロ、ファミマ・ローソンでも受け取りを発表  :日本経済新聞


ファーストリテイリング傘下のユニクロは6日、ネット通販で注文した商品をコンビニエンスストアのファミリーマートとローソンで受け取れるようにすると正式発表した。今春から始める。


ユニクロのネットストアで購入した商品は、今のところセブンでの受け取りが可能ですが、今春からファミマとローソンでも受け取りできるようになるようです。

単純に考えて、店舗に行けずネットでしか買い物できない人は、だいたい忙しくて家にいないことも多いので、コンビニでの受け取りはやっぱり便利でしょう。利用者としては、こうした拡大はありがたいものです。

しかしながら、この流れが加速していくと、コンビニがどんどん「荷物置き場」みたいになっていきそうですね。というか実際、Amazonの箱が大量に積んであるお店とかもすでにあるわけですが……。

とりあえず、行政サービスの拠点としてのコンビニ、介護サービスの拠点としてのコンビニだけでなく、通販受け取りの拠点としてのコンビニといった形で、さまざまな拠点化が次々と進んでいきそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 09:41 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ローソンの、2016年3〜11月期

ローソンの営業益7%減、加盟店支援の費用増 16年3〜11月期  :日本経済新聞


ローソンの2016年3〜11月期の連結営業利益は前年同期比7%減の580億円前後だったようだ。各加盟店が抱える弁当などの廃棄損失や光熱費の一部を本部が肩代わりする支援費用が膨らんだ。値引きセールなどの販促費も重荷だった。一方、店舗の減損損失が減ったため、純利益は8%増の340億円前後だったようだ。


会計上の処理がいろいろややこしいのですが、連結営業利益は7%のマイナスで、純利益は8%のプラスとのこと。まあ、この辺は前年同期比なのでなんとも言えないところです。

重要なのは、記事にある廃棄代や水道光熱費の一部を負担する新契約の話で、それによって本部の負担が増えたのならば、逆に言えば加盟店の負担が減ったということです(そうなっていないとどこかがおかしいです)。ということは、加盟店の利益が増えたということになって、一応記事でもそう指摘はされていますが、本当にそうなっていれば喜ばしいところです。

ただ、投資家からの反応はあまりよろしくないだろうな、という予想もあります。この辺が上場企業の難しさですね。

とりあえず、これからのコンビニは、店舗数の増加が止まらず、景気の先行きは不透明で、人件費がアップし、人手不足・人材不足がこれまで以上に深刻になる可能性があるわけで、こうした本部からのフォローの施策はもっともっと充実されていくべきでしょう。

そうなるのかは、ぜんぜんわかりませんが。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:24 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

住民票の写しなどのコンビニ交付が促進されるとのこと

住民票などコンビニでの交付導入促進 財政支援を拡充へ | NHKニュース


総務省は、マイナンバーカードを使って、住民票の写しなどをコンビニエンスストアで受け取れるサービスの導入を、全国の自治体に働きかけることにしていて、平成32年春には、導入する自治体の人口が1億人を超えることを目指して、財政支援の拡充などを進める方針です。


すでにマイナンバーカードで、住民票の写しや印鑑登録証明書をコンビニで受け取れるサービスは存在していて、今のところ全国で306の自治体が対応しているようです。で、総務省がこれ拡大させよう、という動きがあるとのこと。いくつかの支援策があるようですが、おそらくはこの流れに乗って対応する自治体は増えることでしょう。

コンビニからすれれば来店動機が増えるメリットがありつつも、機器のトラブル等ややこしい問題を抱え込むデメリットもあります。まあ、後者はそれほど大きな問題でもないでしょうが、前者もたいして利益が見込めるものでもありません。あんまり変わらない、ということです。

ただ、こうやって行政の仕事がコンビニに依託される流れは、「小さな政府」的な見方では喜ばしいのかも知れませんが、ますますコンビニが社会においてインフラ的に重要になり、それはつまり安易には閉店できないぞ、という問題をも生じさせます。

ただまあ、簡単な業務なら、どんどんコンビニで利用できるようにはなっていくのでしょう。きっと。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:06 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

正月も終わりつつ

というわけで、三が日は終了しました。営業の方はいかがだったでしょうか。

コンビニの元旦営業は必要なのか? 「1日2日休みでも困らない」「コンビニも含めて働くの禁止にしたらいいのに」


年が明けた。元旦は帰省して実家でのんびり過ごしたり、初詣などで外出したりする人も多いだろう。しかし一方で、休めないのが全国に約5万4000店あるコンビニ店員だ。ツイッターでは年末からコンビニ従業員のツイートが相次いでいる。


長くコンビニで働いていると、「正月=休み」というパラダイムはすっかり消失してしまうわけですが、まあ、全体的に暇なことが多いので、休んでもいいかな、という気がしないではありません。でも、休むなら正月ではなく、むしろ月一回くらいの定休日が欲しいところです。まあ、無理でしょうけれども。

とは言え、コンビニが休んだところで、実際それ以外の仕事はいくつも動いています。コンビニが閉まっていても困らない人は多いでしょうが、ちょっと不便な人もやっぱりいるのです。というか、社会が動いているからコンビニも開いているのであって、おそらくコンビニ以外のすべての労働者が正月を休むようになったら、コンビニもしぶしぶ休むようになるかもしれません。

もちろん、コンビニが開いているから、働かざるを得ない流通や工場もあることはたしかで、お互い様と言えばそれまでなんですが。

しかしながら、インフラ・流通(年賀状の配達もそうですね)・小売などは、社会の中にがっちり組み込まれているので、そうそう休めないというのが本当のところでしょう。それに、たとえば特定のチェーンだけが正月を休みにしたら、そのチェーンだけ一日、二日分の「売上げ」が落ちてしまうわけで、それを頷ける経営者はそう多くはないでしょう。もちろん、コンビニチェーンの経営者ということです。

まあ、364日は休みでないので、その1日くらい休みでなくてもほとんど変わりません。是正するなら、24時間営業とかそちらの方でしょう。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:52 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

年末年始は強盗も

さてさて、新年三日目です。

でもって、年末年始と言えば、コンビニ強盗被害が(若干)増える時期でもあります。

東京・日野市のコンビニで強盗容疑、62歳男逮捕 News i - TBSの動画ニュースサイト

コンビニ強盗、店長脅し3万円奪う 大阪府高槻市 - 社会 : 日刊スポーツ

最近は、年賀はがき強盗のニュースはあまり耳にしなくなりましたが、こうしたノーマル(?)な強盗はやっぱり起きています。客足が急激に下がってしまうような立地では特に注意が必要ですね。まあ、注意と言っても、できることは限られているのですが、警察の巡回がちょっと増えるだけでも違うのかもしれません。

とりあえず、お客さんが店内に入ったら、視線を向けて、いらっしゃいませと言うこと。店内にスタッフがいない時間帯を極力作らないようにすることあたりが、できる範囲の防犯対策でしょうか。その辺は、スタッフ、特に深夜のスタッフさんに徹底してもらうと良いと思います。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:19 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

セブンが今年中にも2万店へ

セブンイレブン、2万店突破へ 郵便局並みに  :日本経済新聞


コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンの国内店舗が2017年にも2万店を突破する。郵便局に迫るネットワークを持つことになる。


しかしながら、冷静に考えてみると、一つの企業の店舗が2万店もあるって、ちょっとすごいことですよね。フツーのやり方では、なかなかこうはいきません。記事では郵便局が比較にあげられていますが、ある意味でこれは似たようなものかもしれません(詳しい解説は避けます)。

でもって、こんな記事も。

ローソンがセブン追撃へ出店攻勢 | ニュースイッチ


 一方、国内でも高水準の出店を維持する計画。国内店舗数は同11月末現在で1万2839店。18年2月期は1200店の出店を計画している。17年2月期は、16年11月末までに765店を出した。


中国での出店攻勢だけでなく、国内でも、1200店規模の出店計画で、1万5千店に迫ろうという勢いです。しばらくローソンは、出店の数よりも、質を重視するという路線をとられていて、差別化の意味でもなかなか英断だなと思ったのですが、どうやら追従路線に切り替わったようです。銀行設立に向けての動きなど、独自色よりは、「他がやっているから、うちもやっておかないと」みたいな施策が目に付くようになってきました。なんとなく、悪い予感はします。

ともあれ、今後もぎゅうぎゅうになるまでコンビニの出店は続くでしょう。となると、ますますオーナー不足、働き手不足の問題は悪化しそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 09:55 * comments(2) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

大晦日です

さて、大晦日です。

大晦日と言えば、ゆっくり過ごす人も多いでしょうが、コンビニはなかなか忙しいものです。仕事がお休みの人もお出かけされたり、あるいは飲み会のためにパーティー需要の商品が売れたりと、てんやわんやすることも珍しくありません。逆に、まるっきり暇な時間帯が突然やってきたりもします。

というわけで、発注なりホットフードの仕込みはなかなか難しいのですが、よほどの立地でなければ、夕方以降はプッシュで良いでしょう。あと、日付が変わってからの、初詣需要に対応しておくことも重要です。

気温はわかりませんが、とりあえずホットドリンクの拡充は最低条件で、中華まんなども少量であっても、通常より早めに展開しておけば、お客さんのニーズに応えられるかもしれません。

とりあえず、ゆっくり一息つく間もないのがコンビニではありますが、皆様よいお年を。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ・コンサルタント * 11:16 * comments(2) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools
このページの先頭へ