<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
| main | << 2/390PAGES >>

ローソン、栄養相談窓口も設置したリニューアル店舗をオープン

ローソン/介護拠点併設型店100店に拡大、栄養相談にも対応(2018.08.01)|流通ニュース


ローソンは8月1日、介護相談窓口を店内に併設したケア(介護)拠点併設型店舗(ケアローソン)を100店程度に拡大する方針を明らかにした。


ファミマさんは書店一体型の拡大路線がうかがえましたが、ローソンは介護方面なようです。リニューアルオープンした「ローソン千駄木不忍通店」では、る介護相談窓口だけでなく栄養相談窓口も設置されていて万全の体制ですね。当然必要な店舗面積は広がりつつも、売り場に使える面積は減るわけで、運営コスト等もかなり心配になってくるわけですが、立地によっては強い需要を掴まえられるかもしれません。

で、まあ、やはりチェーンごとにそれぞれの「コンビニらしさ」みたいなものはこれからもっと分化していくのでしょう。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:21 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ファミリマートと日販の子会社が包括提携

先日ファミリマートと書店の一体型店舗のニュースを紹介しましたが、より大きな動きがあったようです。

ファミリーマート/日販の子会社と包括提携、書店一体型店舗を出店(2018.08.01)|流通ニュース


ファミリーマートは8月1日、日本出版販売の100%子会社で全国のグループ書店を統括するNICリテールズと、書店一体型店舗の出店など新業態の展開に向けた包括提携契約を締結したと発表した。


NICリテールズというのは、日販の100&子会社で、でもってその日販は出版物の取次会社です。しかも、二大出版取次会社の一つでもあります。その子会社との包括提携ということで、当然書店+コンビニ型店舗の出店が加速していくのでしょう。

実際、積文館書店との一体型店「ファミリーマート積文館書店三日月店」がオープンしています。日販は他にも書店を所有しているので、その辺が徐々にコンビニ化していくのでしょう。

ファミリマートは、無印良品も販売しているので、こうした一体型店舗では、書店+無印+コンビニ、という三つのコラボが実現することになります。なかなか相性の良いコラボです。当然店舗面積も必要となるので、既存のコンビニよりは多少広くは成るのでしょう。その意味で、リッチ・コンビニ、として位置づけられるかもしれません。

今後も同様の店舗が増えていきそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:33 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

8月です

というわけで、8月に入りました。かき入れ時ですね。

3月、4月に入った新人スタッフさんも、そろそろ慣れてきたところでしょうから頑張って売上げを作っていきたいところです。

ソフトドリンク、アルコール、アイス、そして氷の欠品には注意しましょう。特に、イベントが近所で行われる場合には在庫には超チェックです。そうでなくても、おでかけが発生しやすく、まとめ買いもよくあるので、よほど天気が悪くないならば在庫は強気で持っておいた方がよいでしょう。

どれもこれも基本的な話でしかありませんが、基本は大切ですね。

では、では。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:46 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ドンキの売り場による領域切り替え

ドンキはなぜここまで成長できたのか、そして何を目指しているのか (3/4) - ITmedia ビジネスオンライン



食料品と非食品領域では利益幅が違うと説明したが、後付の解説でいえば、この2領域をうまくすみ分けさせるための試行錯誤が続けられている。消費者は食品を1円単位でシビアに選別する。簡単にいえば、食品を購入する際は誰もが価格の「安い」「高い」に敏感になる。しかし、同じ消費者でも、非食品であれば、そのシビアさは緩和する。


最近驀進中のドンキですが、その内側が解説されています。いろいろ面白い話があるのですが、特に興味深かったのが上の部分です。たしかに、スーパーでは生鮮食品でgあたりいくら、みらいな話が非常に気になるわけですが、その感覚で、たとえば雑貨などを見てしまうと、ちょっと高いな、と感じてしまいます。

しかし、雑貨商材などは品質管理期間がないか、あっても非常に長く、また粗利や単価的にもGoodなものがあるので、できればそうしたものも売り込んでいきたい、というのが売り手の本音ではあります。

で、ドンキは、それぞれの商材の陳列方法を分けることで、気分的な領域の切り替えを行っている、というらしいのです。

<
それに対してドンキは、食品売り場を比較的ではあるが整理整頓された空間にしており、日用品とのフロアも分けている。すると、消費者は日用品フロアに入ることで、気持ちが切り替わる。奥に進むと、そこは迷路のようになっており、食品という日常から、非日常に誘われる。
/blockquote>


意識的なものかはともかく、これは非常に面白いですね。たぶん実際に効果もあることでしょう。

ただ、お店の狭いコンビニではなかなか難しいかもしれません。ただ、ファミリマートは無印良品のコーナーみたいなものにこの考え方を応用できたら、結構面白いかもしれません。

とりあえず、買い物するときの「気分」というのは結構大切です。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * 小売・流通 * 11:23 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

富山に書店+コンビニの一体型店舗が

北陸初、書店一体型 コンビニオープン 福光、ファミマ:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)


書店一体型のコンビニ「ファミリーマート+ファミリーブックス福光店」が二十八日、南砺市福光(西町北)にオープンした。ファミリーマートの北陸初の書店一体型で、二十四時間営業。相乗効果を誘客につなげる。


またまたファミリーマートの複合店です。書店+コンビニでもちろん24時間営業。

もともと隣り合う書店とコンビニの経営者さんが同じだったようで、それをワンフロアに回想した、という感じですね。売上げが厳しいコンビニと売上げが厳しい書店。このコラボによって、よい効果が生まれればよいのですが。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:22 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

食品製造のロボットはあまり導入が進んでいないようで

コンビニ店舗の運営もたいがい人手不足ですが、食品製造の現場も同様なようです。

製造ロボット:開発加速 コンビニ弁当も自動化 中食拡大/人手不足 - 毎日新聞



人手不足の深刻化を受けて、コンビニエンスストア向けの弁当や総菜などの製造工場で、自動化の取り組みが広がり始めている。電機や自動車などに比べ食品関連の工場の自動化は遅れているが、需要の高まりを受けてロボットのメーカーも開発に力を入れている。


最近各コンビニが自動化に注力している話は聞いていましたが、驚いたのが他業種とのロボット導入率の差です。


日本ロボット工業会の昨年の統計では、ロボットの出荷先は電気機械が4割、自動車が3割に対し、食品関連は2%にとどまる。


単位がずれているのでわかりにくいですが、揃えると食品関連は0.2割ということです。圧倒的ですね。で、コンビニなどでは非常に短期間で商品が変更されていくのでその辺がネックになっているとのこと。たしかにそうですね。なにせ毎週新商品が生まれますし、定期的なリニューアルもあります。定型作業をこなすロボットではなかなか対応が難しいのかもしれません。

しかしコンビニで「毎週毎週同じ商品だけを販売しましょう」という流れになることはおそらくないので、自動化の方の高機能化を期待するしかないのでしょう。しかし、どこも大変ですね。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * 小売・流通 * 11:39 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コンビニ駐車場の無断駐車で支払い命令

コンビニに無断駐車1万時間超、約920万円の支払い命じる 大阪地裁 - 産経WEST


コンビニエンスストアの駐車場に1万時間超も無断駐車したとして、大阪府茨木市のコンビニ経営者が府内の車の所有者に損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、大阪地裁であり、古谷真良(まさよし)裁判官は男性に約920万円の支払いを命じた。


迷惑駐車は、もちろん迷惑なわけですが、単に「迷惑です」で終わるのではなく裁判になったようです。約920万円の支払い命令。これが実際に支払われるのかどうかはわかりませんが、こういう判決が出たのは大きいですね。

記事を見る限りでは、自分の駐車場代わりに使っていたような雰囲気がありますので、そういう事例に遭遇したときは頭の片隅にでも留めておくと良いかもしれません。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:23 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

クラフトボスが人気なようです

「クラフトボス」販売目標を3割引き上げ 水・お茶の代わりにゴクゴクと - ITmedia ビジネスオンライン


サントリー食品インターナショナルが2017年4月に発売したペットボトルコーヒー「クラフトボス」がこの夏も好調だ。このほど、18年の年間販売目標を年初の数値から33%引き上げ、2000万ケース(4億8000万本)に上方修正した。コカ・コーラ「ジョージア ジャパン クラフトマン」など競合商品が増えたものの、市場の急速な成長をけん引している。


結構人気なのだろうな〜とは思っていたのですが、実際かなり売れているようです。実際、缶コーヒーは一度開けてしまうと持ち運びが極端に難しくなります。カウンターコーヒーもフタはできますが、カバンにつっこむことはできません。その点、ペットボトルコーヒーは楽々とカバンにいれられますし、大容量という点がマッチしています。

つまり、一杯の珈琲をじっくり味わうというよりは、記事にもあるように持ち歩いてごくごく飲む、という消費のされ方をしているのでしょう。

すでに導入はされていると思いますが、しっかり売り場を作れば、さらなる売上げが期待できるかもしれません。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:00 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

秋の最低賃金アップ、平均で26円に

昨日は社会保険のお話でしたが、今回は最低賃金の改定です。

最低賃金、3年連続3%上げ 平均26円増の874円:朝日新聞デジタル


2018年度の最低賃金(時給)の引き上げ額について、厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員会は25日未明、全国の加重平均で26円上げるべきだとの目安をまとめた。比較できる02年度以降で最大の引き上げ額で、実現すれば全国平均は874円になる。引き上げ率は3%となり、3年連続で政権の目標通りに決着した。


幅はいくつかあって、A:27円、B:26円、C:25円、D:23円らしいのですが、加重平均で26円のアップになるとのこと。引き上げ率は3%になるそうです。

1時間26円。24時間624円。365日227,760円。二人体制ならこれが倍です。

もちろん、オーナーさんが入っている時間もあるので極めて単純計算ですが、最低賃金ギリギリで雇っているお店はこれくらいのアップになります。

まあ、実際最低賃金ギリギリなところがどれだけあるかはわかりませんが、他が上がれば人を集めるためにさらにアップする必要があるので、無視できるものでもないでしょう。厳しい状況は続きそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:40 * comments(2) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コンビニの社会保険未加入問題

以前、社会保険未加入の是正勧告が進んでいるというニュースを紹介しましたが、本部はどのような姿勢なのかが次の記事で紹介されています。

コンビニ加盟店の苦悩、本部は「社会保険未加入問題」も対応渋る | 『週刊ダイヤモンド』特別レポート | ダイヤモンド・オンライン


本部はどのように対応するのか――。セブン&アイHDの松本稔・執行役員コーポレートコミュニケーション本部長は「社保への未加入店舗は放置していない。契約や研修を通じて加入の必要性を伝えている」とした上で、「加盟店の独立性から、従業員を加入させるかどうかに口出しすることはできない」と説明。店舗の従業員の労働時間や給与の計算は、本部のコンピューターにつないで実施しているが、それを社保未加入の実態把握や促進に活用することは「考え方として、ない」と述べた。


セブンさんは、加入の必要性は伝えはいるものの、本部からの直接的な介入はないとの回答。



ユニー・ファミリーマートHDの岩崎浩・広報IR室長は「社保加入の必要性は店舗に伝えているが、(加盟店の独立性から)踏み込めない部分もある」、ローソンの宮純・専務執行役員コミュニケーション本部長は「(未加入の)責任は加盟店にあるが、本部には(加入を)指導する責任があり、是正の必要がある」と回答した。程度の差こそあれ、社保は加盟店側の問題という認識は3社に共通している。“加盟店の独立性”を強調するのも同じだ。


ファミマさんも似たような感じで、ローソンさんは若干踏み込んでいますが、基本的には加盟店側の問題ですね。

で、24時間営業や見切り販売のときには結構あっさり無視される「加盟店の独立性」が理由とされているのですが、もしコンビニが地域貢献を目指すなら働き手の環境を整えることもその一環になるでしょうし、そう考えればもっと力強い関与があってもいいのではないかと思います。

でも、そうしてしまうと「じゃあ、そのお金お前ら出せよ」という話になってしまうので、多分その辺から踏み切れないのではないかと想像します。社会保険加入が前提となってしまうと「オーナーの手取り」として示せる数字も下がりますし、あんまりいいことありませんからね。

ともあれ、記事にもあるように、本格的に社会保険加入勧告の動きが強まるなら、さらに数字的に厳しいお店は増えていくでしょう。その辺の環境の変化も踏まえて、本部も施策を練っていく必要はありそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:27 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools
このページの先頭へ