<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< レジ袋有料化を考える3 | main | 夏の売り場 >>

レジ袋有料化を考える4

さてさて4回目。
今回は実際に有料化という方向に流れていった場合にコンビニの店舗はどのように対応していくか、ということを考えていきたい。

まず、いくつかキーとなるポイントを挙げておきたい。
・スーパーとコンビニの違い
・コンビニの客層
・料金のシステム ポイント

まず、スーパーとコンビニの決定的な違いというものは、買ったものを袋詰め(サック)するのが、お客自身か、店員かという点である。
スーパーでも少量の場合は店員が袋詰めを行なってくれるが、大半はカゴにレジ袋を入れられてそれを使って、お客が袋につめる。
コンビニでは極めて少量の場合(タバコとか缶コーヒーのみとか)は、レジ袋を使わないが、それ以外は全てレジ台で店員が袋に詰める。

レジの作業の流れとして、袋詰めというのが組み込まれてしまっているわけである。

ここでひとつ問題があがってくる。
つまりお客が自分で袋を持ってきた場合に袋詰めはお客がするのか、それとも店員がするのかということである。

はっきり言ってサッカー作業は結構神経を使う。商品を斜めに傾けないとか、形の崩れやすいものは別の袋に入れるとか、そういったことを考えながら効率的にすばやく作業を行なわなければいけない。
そして、店員はそういう作業になれている。

お客が持ってきた買物袋のサイズが少し小さい場合、店員が詰めるとなるとこれは結構つらい。むちゃくちゃ詰めればクレームの原因となるし、かといってレジ袋を新しく使うこともできない。
客が自己責任(笑)で袋に詰めてくれるならばよいのだが、そうなると袋に入れる時間がかかるとレジ業務に差支えがでてくる。

となると、スーパーのように専用の台を作ってそこで袋づめをしてもらうという解決策があるが、そうなるとバーコードを通した後の商品をもう一度カゴに入れなおす作業が必要になってくる。(大抵のコンビニのレジはカゴを二つ並べておけるほどのスペースはあまりない。)

どちらにしろ、スムーズにいきそうとは考えにくい。

このあたりをどのように解決するのかが、まず第一点の問題として挙がる。

また、客層というのもある。これは問題点とはちょっと違うが、コンビニの客というのはだいたい、近くにいる常連(サラリーマン、主婦、学生、エトセトラ)と、通りすがり客(観光客、旅行者、トラックドライバーエトセトラ)に二分できる。
明確にほぼ毎日コンビニに行くつもりがある買い物客と、あっコンビニだちょっと買物していこうというお客ということになる。

前者に関しては意識的なお客さんであればレジ袋を常備される方は多いだろうし、そのあたりで文句がでるとも思えない(導入時以外)が、後者の買い物客は買物袋を持つことはあまりないだろう。
つまり有料化しても、「買物が高いな〜」という認識が増えるだけで環境問題に関しては意識の変化というのはあまりないだろう。

それはそれで仕方なしとして切り捨てるしかないと思う。

この有料化は、負担がどうのこうのという問題よりも、身近な環境問題として捉えられなければ意味がないと私は思っている。
その点で言うと、ほぼ毎日の買い物客がレジ袋を持参してくれるようになるのが理想である。

で、料金の問題。
「合計で、2300円になります。レジ袋はお必要ですか?」
「うん、袋欲しい」
「こちら3号サイズのガゼットですと一枚8円になりますがよろしいでしょうか?」
「高いな〜もう少しやすならんの?」
「2号サイズですと、一枚6円ですが少々入りきらないかと・・・」
「それでええし、適当に詰めといて」

なんて事が毎回繰り広げられたら、店員にとってはまさに地獄としか言いようのない事態。

となると、大まかな袋のサイズと価格を店内レジ近くに展示しておいて、客のほうから、「レジ袋何号何枚ください」と申告してもらうか、それぞれを袋のサイズが書いたカードをレジの近くに置いておいて、それを客がカゴに入れてレジに持ってくるというスタイルをとるか、というのが現実的であろう。

そういった買物のスタイルはやはりコンビニ業界全体で統一的に広めていかないと客の混乱がでてくる。これが問題の二点目。

あと、袋を有料としないで、袋の必要のないかたはポイント還元というようなスタイルを取る店舗も出てくるかもしれないが、なるべくこれも統一したほうがわかりやすくてよい。

どちらにしても、これはひとつのチェーンの問題ではなく、コンビニ業界全体で取り組んでいかないといけない問題であることは確かである。
関連するエントリー
Rashita * コンビニ * 14:58 * comments(2) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 14:58 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

>はまどンさん
きちんとしたコンビニであれば2,3点までの買い物については「袋ご利用ですか?」や「袋お入れしましょうか?」とちゃんと聞いてくる場合が多いです。

ただ、店員側からの事情としては「聞くのがめんどくさい」、「時間がかかる」というのがありましてなかなかすべての店員にいきわたらせるのが難しいというのもあります。

あと、どうもどんな商品でも袋に入れるのが「良いサービス」というふるい考えたかのオーナーもおられるようで、このあたりの認識の統一も図っていかないといけないと思います。
Comment by RASHITA @ 2007/07/21 7:56 AM
うーん。コンビニ側から見ればこんなに問題があったんですね。でも、私の周りのコンビニではペットボトル1個でさえも袋につめるんですね。つめる前に「袋いりますか?」とか言われたら客側も考える余地があるのでは?なんもなしにいれるトコ結構多いですよね。聞くぐらいのことならコンビニ側もできるのではないかと思うんですが・・・どうでしょう?
あと、客側が袋を拒否したら、「ありがとうございます。」とか一声かけるなど・・・
Comment by はまどン @ 2007/07/20 9:57 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ