<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< つくばのセブンで感染者 | main | コンビニ従業員感染の報告が虚偽だったようで >>

2020年5月、コンビニ売上げ

コンビニ/5月はセブン5.6%減、ファミマ11.0%減など全社前年割れ | 流通ニュース


コンビニエンスストア各社が発表した5月の営業実績によると、既存店売上高の前年同月比はセブン-イレブン5.6%減、ファミリーマート11.0%減、ローソン10.2%減、ミニストップ4.7%減となり、大手4社は前年割れとなった。


もちろんプラスになっているはずもなく、各社大きくマイナスです。ファミリーマートとローソンのマイナスは大きいですね。

が、しかし、ポプラは「13.2%減」で、ニューデイズにいたっては「57.6%減」です。駅ナカ主体の出店において、活動の自粛は致命的な影響があったのでしょう。

各社の基本的な傾向は、客数減、客単価アップで、客数減の影響が大きく、客単価アップ程度ではまったく巻き返せていない状況です。セブンとミニストップは多少マシに見えますが、それでも決して小さい数字ではありません。

6月はおそらく多少は戻すでしょうが、それでもマイナスはマイナスでしょう。このまま厳しい数字がしばらくは続きそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 19:58 * comments(0) * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:58 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









このページの先頭へ