<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 東淀川のローソン、横浜市のセブン、ファミリーマート田町本社の従業員&社員が新型ウイルス感染 | main | 感染者が出たコンビニは苦しいわけです >>

ローソンが、医療応援サービスを開始

ローソン「医療応援」サービス開始、新型コロナ感染者宿泊施設に食事提供|食品産業新聞社ニュースWEB



感染者のうち軽症者や無症状者は、ベッドが足りない病院ではなく、ホテルなどの宿泊施設で一定期間療養することになったが、ホテル側では部屋は提供できても、療養者へ食事が提供できないところもある。ローソンでは療養者の食事を提供する体制を整え、ホテルからの相談を電話で受け付ける窓口を本部内に設置し、電話番号をホームページに掲載する。


面白い試みですね。ホテル滞在中の療養者への食事提供を助けるサービスを開始するということで、これはなかなかニーズに合っているのではないかと思います。やはり、こういうときは時間のかかる意思決定を緻密に行うことではなく、広く現場を見てニーズを汲み上げて、即座に行動を起こせる組織が頼りになります。

あと、以下の試みもたいへん良いと思います。


また、ローソンには病院内の売店として営業する「ホスピタルローソン」が全国に約320店ある。ホスピタルローソン全店に、医療従事者への感謝のメッセージを掲載するボードを設置する。ホスピタルローソン全店で4〜6月の期間、月1回の「サンクスデー」を設け、「ウチカフェスイーツ」「ホットコーヒーS」「アイスコーヒーS」を半額で販売する。開催日は各店舗と病院が協議して決める。


休みたくても休めないという意味では、病院で働いているみなさんが一番頑張られているわけですし、その労いの意味も込めて、スイートやコーヒーなどを半額で販売するという試みは、単に値引きだけでなく、そういう感謝のメッセージを発信するという意味でも優れているでしょう。

もちろん、この環境下の中でもお店を開けているオーナーさんは、勤務に来てくれるスタッフさんにも感謝を捧げたほうがよいのは間違いありませんが。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 14:17 * comments(3) * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 14:17 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント



結局、数量制限にかかりまして1店舗20枚!

毎日、発注を掛けまして貯まったら市に届けます。

皆さんから集まっているようですが、

市は10万枚いるそうですが、なんかヘン!

国は何もしていなかったん?と思えるほど

足らなすぎます・・・

今の呆けた政治家に頼む気もしないし!!!

(吉村知事は要頑張ってはるよ!)
Comment by コンビニ加盟店のでくのぼう @ 2020/04/16 1:12 PM
>コンビニ加盟店のでくのぼうさん

いろいろ厳しい状況でしょうが、頑張ってください。応援しております。
Comment by Rashita @ 2020/04/15 6:17 PM


今日テレビで大阪府知事と大阪市の市長が、

開封されていない合羽がいるということで、

全店で10時までに最大発注を掛けました。

買い占めなどで幾つ入って来るか分かりませんが

入って来た分だけ市の健康局に送ります。

(棚不足には致しません、うちの会社で払います・・・(笑)
Comment by コンビニ加盟店のでくのぼう @ 2020/04/15 10:31 AM
コメントする









このページの先頭へ