<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 百貨店も苦戦しているようで | main | セブンの古屋会長が退任を発表 >>

ファミマが時短営業のガイドラインを公表

ファミリーマート 6月から「時短営業」へ | NHKニュース


コンビニ大手のファミリーマートは、営業時間を短縮する「時短営業」を行う際のガイドラインを公表しました。午後11時から午前7時の間に閉店と開店の時間を30分ごとに設定できるようにし、ことし6月から順次、時短営業が始まります。


ついにガイドラインが発表されたようです。まず、毎日時短か日曜日だけ時短かが選択でき、その上で閉会店の時間も30分刻みで設定できるとのこと。実際の細かい話はわかりませんが、なかなか良さそうな雰囲気です。

で、それとは別に気になったのは以下の点。



これに先立って、およそ600の店舗が参加して行われた時短営業の実験では、6割で利益が減少した一方、4割の店舗は逆に利益が増えました。


実験では、6割の店舗が利益が減少し、4割の店舗は利益が増えたとのことです。立地などの環境の違いを考えれば、こうした結果が出るのは当然のことでしょう。しかし、これまでのコンビニは二十四時間営業が必須だったわけです。やはりこれは歪んだ構造だと言えるでしょう。

6割のお店にとっては利益になることでも、4割のお店にとっては損害になるわけで、それを「コンビニだから二十四時間営業は当たり前」というお題目で押し付けるのはやはり無理筋でしょう。それが改められつつあるということで、喜ばしいことだと思います。

さらに言えば、上の結果からみてもすべてのコンビニが二十四時間営業を止めることはありえないと思います。深夜営業を辞めるお店が増えれば、深夜スタッフの集まりやすさも改善されるはずですので、全体的に運営しやすくなっていくことでしょう。

その他のチェーンも含めて、少しずつ、大きな変化が始まっています。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:29 * comments(0) * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:29 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









このページの先頭へ