<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ファミリマートでも社員の無断発注が | main | 2019年12月、コンビニ売上げ >>

ローソン、セブン決算は好調なようで

ローソンの3〜11月期、純利益3%増 客単価増や効率改善で  :日本経済新聞


ローソンが10日発表した2019年3〜11月期の連結決算は、純利益が前年同期比3%増の259億円だった。国内コンビニ事業で高単価の商品が好調で業績を押し上げた。不採算店舗の閉鎖なども採算改善に寄与した。


ローソンは順調だったようです。

セブンイレブン/3〜11月、新レイアウト店舗拡大などで増収増益 | 流通ニュース


セブン-イレブン・ジャパンの2020年2月期第3四半期の決算は、営業総収入6717億6000万円(前年同期比1.2%増)、営業利益1984億8500万円(7.0%増)となった。営業総収入のうち、加盟店からの収入は6029億5100万円(2.8%増)だった。


セブンも同様とのこと。本部がしっかり利益を作ってくれるのは安心できますね。一方で、これはまだ消費税アップ&景気の悪化の影響が出てくる前の数字であることも理解しておく必要があるでしょう。わざわざネガティブなことを言うつもりはありませんが、ここからの数字が本当の勝負だと思います。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:47 * comments(0) * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:47 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









このページの先頭へ