<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< セブン、無断発注問題専用窓口を設置 | main | 閉店時間のコンビニに強盗 >>

キャッシュレス還元はコンビニ利用が多いようで

キャッシュレス、少額・コンビニ中心 政策目的とずれ  :日本経済新聞


10月の消費増税後に始まったキャッシュレス決済のポイント還元について消費者に聞いたところ、少額の買い物でキャッシュレスが広がっていることが分かった。ただ、利用場所はコンビニなど大手傘下の店舗が多く、中小企業支援の政策目的とはズレも目立つ。


コンビニでのキャッシュレス決済の利用率が跳ね上がっている、というデータを以前見ましたが、消費者の意識でもそうなっているようです。キャッシュレス還元は、もともと消費税増税に伴う中小企業支援が一つの目的だったわけですが、それとは若干ずれている、という指摘が記事にあります。

しかし、コンビニは名目としては「中小企業」なわけで、むしろコンビニを外してしまうことの方が問題でしょう。

で、結局これは、キャッシュレス還元の制度設計に問題があるというよりも、大手企業の包括化にありつつも、個人経営であるというコンビニの歪さが生じさせている問題なのでしょう。コンビニにこの二重の特性があるがゆえに(そしてその数がすさまじく多いがゆえに)、どうしてもこういう結果になってしまいます。

ある程度は場当たり的対応をせざるを得ないのでしょうが、実際考えなければならないのは、もっと奥深い問題であるような気がします。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:20 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:20 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ