<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コンビニ9割の商圏が3000人以下 | main | セブン、無断発注問題専用窓口を設置 >>

ファミマの人員整理

コンビニ「24時間」崩壊の序曲? ファミマ「希望退職」が意味するコト : J-CASTニュース


コンビニ大手3社の一角を占めるファミリーマート(ファミマ)が社員に対して希望退職を募る。対象となるのは原則40歳以上で、2020年2月までに全社員の約1割に相当する約800人の応募者を集める。


こうしてみてみると、ファミリマートがサークルKサンクスとくっついたのは、こうした形での業界再編への道行きの一つだったのではないか、という気がしてきます。

もちろん、店舗数を増やして、セブンに追いつけ追い越せという意気込みもあったのでしょうが、その直後にこのような「店舗拡大路線って無理じゃない?」みたいな声が上がってきているので、その路線の追求は難しく、またファミリマートの看板で統一されたことで、結果的に店舗や人員の「整理統合」がやりやすくなった、という側面はあるでしょう。

それが良いことだとはぜんぜん思いませんが、群雄割拠の状態で、自らの勢力を誇示するためだけの店舗数の拡大が抑制されたということについては良いことではないかと思います。

景気の指標も悪い、というニュースも出ていましたし、おそらくもう一段階の整理統合・人員整理は必要となってくるでしょう。それを乗り越えた先に何が待っているのか……、というのは行ってみないとわかりませんね。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:04 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:04 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ