<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2019年9月、コンビニ売上げ | main | セブンが深夜休業ガイドライン制定 >>

セブン、立地別レイアウト導入

面白い動きです。

セブンイレブン/「立地別レイアウト」導入、酒類・チルド飲料を拡縮 | 流通ニュース



セブン&アイ・ホールディングスは10月11日、セブン-イレブンの構造改革の一環として、個店別の立地特性に合わせた売場のテスト展開を開始したと発表した。


立地に合わせて品揃えを変えるのではなく、レイアウトも変えてしまう、という施策です。現状「オフィス・事業所立地」「住宅・郊外立地」があるようです。これまで、統一路線が強かったセブンが、柔軟な姿勢を見せはじめた、そんな感触があります。

ただし、こんなお話も。



本部人員の適正化も実施。会計改革では、ペーパーレス化等による人員適正化を進め1100人を550人に削減する。一部外部委託業務の内製化なども含め、約14億円のコスト削減を見込む。

出店基準の厳格化に合わせて、店舗開発人員の適正化を実施。人口動態にあわせた人員配置を行い、820人を520人に削減する。また、非営業部門の要員構造の見直しも行う。


先日紹介した構造改革の一環でしょう。それはそれで良いことですが、加盟店のサポートが手抜きにならないことを祈るばかりです。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 18:31 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 18:31 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ