<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 早期おでんは、もうそろそろ | main | 大分県、コンビニ灰皿の撤去実験 >>

ファミマの第二次時短営業実験

少し前の記事ですが。

ファミリーマート/時短営業の第2次実験に640店が参加 | 流通ニュース



ファミリーマートは9月12日、第2次時短実験に参加する店舗が640店になったと発表した。

第2次実験は10月14日〜11月30日、毎日時短する実験に324店(参加店舗内構成比50.6%)が参加する。10月13日〜12月15日、日曜日のみに時短する実験に316店(49.4%)が参加する。12月以降に、時短実験総括と方向性の見極めを開始する。


まだ実験段階ではありますが、それでも640店舗というのは結構な数です。だいたい半分が毎日時短、のこり半分が日曜日だけの時短営業。どちらのパターンも良さそうですね。

で、興味を惹いたのは以下の部分。


6月に実施した第1次実験に参加していた24店のうち、21店は実験継続を希望しているため、第1実験参加店舗21店も第2次実験に加わる。


第一次の24店舗中、21店舗が実験継続を希望しているとのこと。つまり、それなりの感触があった、ということなのでしょう。この点はかなり重要だと思います。

ローソンも無人営業に向けて着々と準備を進めておられますし、さらに大きなうねりがやってくるのでしょう。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:02 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:02 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ