<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2019年7月、コンビニ売上げ | main | 経産省がコンビニ加盟店にヒアリング調査 >>

コンビニ各社、10月から消費税ポイントを実質「値引き」で対応

消費税ポイント、「値引き」で還元 コンビニ4社  :日本経済新聞


10月の消費増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元策でセブン―イレブン・ジャパンなどコンビニエンスストア大手4社は、消費者の購入額から還元対象の2%分を支払時に差し引く。発生したポイントをその場で使えるようにし、後日ポイントが戻るよりも消費者にメリットが分かりやすいと判断した。アマゾンジャパン(東京・目黒)や一部スーパーでも即時還元を始める計画で、こうした動きが主流になる可能性がある。


少しわかりにくいので、整理しておきましょう。

まず、政府が考えていたのは、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済などで代金を支払うとカード会社などのポイントで還元するという施策でした。これは、買い物の「後日」にポイントが戻ってくるイメージです。

一方で、ここで紹介されている施策は、「消費者の購入額から還元対象の2%分を支払時に差し引く」というもの。後から政府から支払われるものを、本部が一時的に立て替えることで、即時のポイント還元を実現している、という感じでしょうか。

もちろん、後から返ってくることに比べれば、即座に返ってくる方が「値引き感」はたしかにありますので、施策の効能は高まるでしょう。

とは言え、この制度全体がまだまだややこしい点は否めません。もちろん、買い物する人は、単にキャッシュレス決済で支払えばいいだけなのですが、何やら一悶着起こりそうな気配も感じられます。

ともあれ、この10月に向かって、ますますキャッシュレス決済の普及は進むでしょう。一足遅れてしまったセブンではありますが、他者のバーコード決済は使えますし、電子マネーもありますので、そこまで大きな影響はないのかもしれません。それ以外で後れを取っているなら、話は別ですが。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:11 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:11 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ