<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< セブンが7pay問題のおわびに1万円相当のクオカードを加盟店に | main | Apple Pay支払いで、Pontaポイントが7倍になるキャンペーン >>

ファミマ、ウナギ弁当を完全予約制で店舗利益が7割アップ

ファミマ、完全予約で利益7割増 ウナギ弁当、廃棄費用減のため(共同通信) - Yahoo!ニュース


ファミリーマートは15日、食品ロス削減の一環として土用丑の日(7月27日)のウナギ弁当を完全予約制で販売したところ、予約と店頭販売を組み合わせた前年と比べ、店舗の利益が平均で約7割増えたと明らかにした。販売額は約2割減少したが、廃棄費用が大幅に減り利益を押し上げた。


いろいろ思うことがあるわけですが、とりあえず加盟店の利益が増えたのは良かったことです。これからも、こういう動きが増えてくれればと思います。

で、とりあえず最近のファミマさんは、こういう発表を良くされていますね、というのが第一印象。他のチェーンと違って、私たちは加盟店の利益を考えていますよ、ということをアピールするための施策の一環なのでしょうか。逆に言えば、そういうアピールがいよいよ必要になっている状況なのだと捉えられます。

でもって、上みたいな話は、つまり「販売額は約2割減少」というのは、これまでの本部にとっては「失敗」だったわけです。なにせ彼らは販売額の拡大こそが至上命題だったわけですから。だから「機会ロスは罪」とかなんとかいって、どんどんお店に発注を促して、廃棄金額の増大など気に掛けず、販売金額の拡大を促してきました。今回の「店舗の利益が平均で約7割増えた」という事実は、これまでの本部の「販売金額の拡大こそが重要」という路線が、いかに加盟店の利益の犠牲の上に成り立っていたのかを如実に示すものだと思います。

なんというのでしょうか。もうそろそろそういう話は成り立たなくなってきているよね、というのが現状なのだと思います。

日販の拡大を目指すことはもちろん大切でしょうが、それ以上に「で、オーナー儲かっているの?」ということを重視していかないと、誰もついて行けないことになっていきそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:04 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:04 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ