<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ATMの振り込み日の表示間違い | main | 人件費をオーナー労働で調整せざるをえないという状況 >>

複数店経営も簡単ではないようで

繁盛店でもハイリスクでローリターン コンビニ経営の「泥沼」 - ライブドアニュース


数年前にコンビニ経営を引退した、元コンビニ経営者です。やめた理由を一言で言うと、「コンビニ経営は時流から外れたと、20年近くコンビニを経営してきて感じていたこと」。


元オーナーさんによる記事なのですが、現状のオーナーさんでも頷かれる話は多いかと思います。

で、なるほどなと思ったのが次の部分。


順調、円滑にコンビニ経営ができている方以外で、現在や先行きに不安を抱えている加盟店オーナーの方への私からの拙い助言は、「コンビニ本部の方針や考えをうのみにせずに、安易な多店舗展開や事業拡大をしないでください」ということです。

 手を広げ過ぎ、目が行き届かなくなると店舗運営レベルと売上げの低下を招きます。そこで収拾が付かなくなり、事業を拡大すると返済する借入金の増加など、泥沼化します(こうしたことを身近にたくさん見てきました。その行く末は、残念ながら、皆さんがご想像になった通りです)。


オーナーのなり手が少ないためか、複数店経営の割合はかなり増えてきているようですし、私も複数店の方が経営リスクを分散できるのでそれはそれで良いのかなと思っていましたが、そんなに単純な話でもないようです。たしかに、お店が増えると、当然一店舗一店舗あたりに払える注意は減りますし、よほど優れた店長・スタッフを揃えられないと、そうした店のレベルは徐々に落ち込んでしまうでしょう。そうなったら、なんのために複数店経営しているのかわからなくなってきます。

もちろん、しっかり運営できる体制が築けているならばそれでもよいのですが、目の前の店舗がうまくまわっていないならば、まずはそこから解決しないとなかなかうまくいきそうもありません。今後は、こういう話が問題になってくるのかもしれませんね。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:37 * comments(2) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:37 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

> 複数店経営者です・・・さん

やはりあのくらいの時期が黄金期でしたよね…。
Comment by rashita @ 2019/05/07 10:20 AM
コンビニ経営30年以上、(30年を超えると、

今の時代は「老舗」と呼ばれるそうですが・・・)

振り返ると20年位前の4〜5店舗の頃が、

一番儲かったかな。

その後はコンビニの経営リスク(rashitaさんが、

今までこのHPで言っていらしたこと)

が山のように襲い掛かり、

コンビニの利益を食い散らかしました・・・

という、コンビニ・イソップ物語でした。
Comment by 複数店経営者です・・・ @ 2019/05/06 11:37 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ