<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< セブン、海外事業が好調なようで | main | ファミリマートが、平均日販60万円の目標 >>

セブンの、直営店での時短営業実験が21日から開始

セブンイレブン、時短営業の実験を21日開始 直営10店で  :日本経済新聞


セブン―イレブン・ジャパンは18日、コンビニエンスストアの営業時間を短縮する実験を21日から始めると発表した。まず直営10店で始める。同社が時短の実験をするのは1号店を出した1974年以来初めて。実験を通じて24時間営業を取りやめた場合の売り上げなどへの影響を検証する。


というわけで、ついに時短営業の実験が行われるようです。まずは直営店の10店舗から。結果がどうであれ、こうした実験をセブンが行ったというのは、一つ大きな足跡になるでしょう。

で、セブンの方針とはまったく別に、世の中は少しずつ動いております。

セブンイレブン“余波”年中無休撤回要求も|日テレNEWS24<

上の記事によれば、東京と千葉で展開するクリーニング店のオーナーたちが労働組合を作って年中無休の撤廃を求める交渉を行うようです。また、マックスバリュ西日本では営業時間の大幅な短縮や24時間営業の取りやめが実施されるとのこと。

前々からファミリレストランでも、24時間営業の取りやめが拡がっていましたが、徐々に時代は「なんでもかんでも便利」からは離れつつあるようです。

でもって、セブンなんかは日本全国2万店のお店がフランチャイズだから24時間維持を主張していましたが、もしそれらすべてが直営店ならさっさと短縮を検討していたのではないかと思います。そこでシビアに経費と売上げを計算できないだったら、むしろ経営者としてはダメでしょう。

というわけで、徐々に24時間営業じゃなくても構わないよね、という風潮が強まる中で、セブンが下す決断はいかになるでしょうか。その判断は、きっとメディアの注目を集めると思います。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 14:20 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 14:20 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ