<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今年はニアビールに注力されるようです | main | 2018年12月、コンビニ売上げ >>

農林水産省から恵方巻きについての通知

今年こそ恵方巻の廃棄を減らそう!国がコンビニ・スーパーに対し「需要に合う量を売る」よう初の文書通知(井出留美) - 個人 - Yahoo!ニュース


農林水産省は、恵方巻が毎年、大量に廃棄される問題の解決に向けて、コンビニエンスストアやスーパーなどの業界団体に対し、需要に見合う販売をするよう、文書で通知することになった。2019年1月11日の朝、NHKが報じている。


毎年大量に売れ残る恵方巻きについて、農林水産省から廃棄を抑制する要請が出たようです。実際は「要請」ほど強い文脈ではないようですが、まあ政府が「廃棄を減らそう」とアピールしている動きとは相容れないことは間違いありません。

そもそもコンビニでも恵方巻きの人気は決して上がっておらず、むしろ下がっている傾向にあると思いますが、「他のコンビニもやっているし」的に後に引けない競争が生まれていた側面があるのかもしれません。こうした通知によって、それが抑制されるなら、まあ良いことではあるのでしょう。

コンビニに関しては、廃棄は、加盟店が損するが本部は損しないという歪な構図にあるので、恵方巻きなどではそれが全面に出てしまっていた部分はあるのでしょう。

今回は恵方巻きに関してだけですが、コンビニの経営全体で結構な量の廃棄が出ていますので、その是正に向けた一歩として評価できる動きだと思います。発注の抑制、値引きの推奨。まだまだできることはあるはずです。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:36 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:36 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ