<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 元旦です | main | ローソン銀のATMが一時的にシステム障害 >>

ストロング系

小ネタというかなんというか。

安く早く酔える「ストロング系」 高アルが招くリスクも:朝日新聞デジタル


果汁感の強さや炭酸の爽快感、カラフルな缶のデザインで「軽いお酒」とイメージしがちな缶チューハイ。しかしベースは焼酎やウォッカなどで、ストロングとなると度数は7%以上だ。9%のチューハイ(350ミリリットル)の純アルコールは約25グラムで、厚生労働省が1日の「節度ある適度な飲酒」の量とする「純アルコール20グラム程度」を、1缶で超えてしまう。


やはりチューハイ系では、ストロング系が結構動いていますし、新商品もそちらが結構多いので、棚に占める割合も大きくなりがちですが、もちろん高アルコール度数なので、飲み過ぎがよくない商品であることは間違いありません。

とは言え、このラインアップを自粛するかとういと、なかなかそれはできないわけで、難しい話ではあります。

でもまあ、9%のチューハイなんて、ようするにビール二缶分のアルコールがあるわけで、それをゴクゴクとお安く飲めてしまうのは、いろいろ弊害があるだろうなと重いながらも、私も結構飲んでいるので、人のことは言えない今日この頃です。
関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:31 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:31 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ