<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ネットワークプリント、LINE経由で印刷写真の登録が可能に | main | コーヒーマシンの入れ換え >>

コンビニとドラッグストア

コンビニが減った地域に?興味深いドラッグストアの出店動向 - ライブドアニュース


前述したように、コンビ二エンスストアは、中部、関東、四国地域で店舗数を減らし、これに伴って販売額の上昇度合いが減少している。いみじくも、この地域のうち、中部、関東では、ドラッグストアの店舗数が拡大している。

 ドラッグストアでは、食料品販売の構成比が高く、コンビニエンスストアも同様である。アクテイビティーベースの飲食料品小売業の指数を試作し、各業態の前年比変動寄与を見ると、コンビニエンスストアとドラッグストアの上昇寄与は、2014年(平成26年)からきっ抗している。


記事ではいろいろな小売店の出店動向が報告されているのでsが、面白いのは上の部分ですね。もちろん、コンビニとドラッグストアがライバル関係にあるのは以前から指摘されているのですが、コンビニが撤退している地域にドラッグストアの出店があるのだとしたら、実に興味深い状況です。

コンビニが日本から消えることはまずないでしょうが、それでもそれなりに売上げを作れるのは、一部の立地に限られていくのでしょう。でもって、その代わりにドラッグストアが台頭してくる。そういう方向性が見え隠れしています。

でもって、コンビニとドラッグストアは一見似た感じではあるものの、ビジネスモデルに大きな違いがあることも一つの特徴です。コンビニはほとんどがフランチャイズですが、ドラッグストアはむしろ本部展開が主力で、フランチャイズはごく一部なのではないでしょうか。で、後者の方が、徐々に勢いを持ちつつある、というのは非常に示唆的だと感じます。

コンビニというビジネスモデルが、何に依拠し、何を無視してきたのか、というのがなんとなく見えてきそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:51 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:51 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ