<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 淡路のローソンで献血 | main | 日本でも無人店舗の実験が >>

スーパーのベンチで食べても「外食」扱い

どうやら、またややこしい話になっているようです。

コンビニに設置されたベンチで食事 軽減税率の対象外に - ライブドアニュース


2019年10月の消費税率10%への引き上げと同時に導入される軽減税率を巡り、国税庁は、コンビニエンスストアやスーパーの店先に設置されたベンチも店内の飲食スペース「イートイン」と同じ扱いにする方針だ。


よくスーパーの店先とかに休憩用のベンチが設置されていますが、それもコンビニなどの「イートイン」と同じ扱いにする方針なようです。

同じ扱いになるとどうなるかと言えば、そこで買ったものを食べる場合は「外食」扱いになるようです。なので、軽減税率が適用されずに10%になるとのこと。

ということは、スーパーで菓子パンとか買うたびに「ベンチでお食べになりますか?」と店員さんが聞かなければならない、ということです。いやはや信じがたいほどの手間です。現場の苦労は一切無視されている可能性がありますね。

おそらく「店内で飲食される場合は、その旨をお知らせください」みたいな申告制のオペレーションに落ち着くことになるとは思うのですが、もしお客さんがそれを申告せずに8%で購入した後、イートインで食事をしたら、どうなるでしょうか。お店側の不手際が指摘されるのか、それともお客さんが「脱税」したことになるのか。

とりあえず、考えるだけで頭が痛くなってきますね。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:22 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:22 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ