<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 村の補助金を得たお弁当屋さんが閉店 | main | 『コンビニオーナーになってはいけない』が発売されたようです >>

JA常陸、ファミリマートとの一体型店舗をオープンへ

JA常陸とファミマ コンビニと直売所一体 大子に14日開店 | 茨城新聞


JA常陸(常陸太田市山下町)とコンビニエンスストアのファミリーマート(東京都豊島区)は、県内初となる農産物直売所とコンビニの一体型店舗「ファミリーマートJA常陸奥久慈店」(大子町頃藤)を14日にオープンする。JA全農いばらき(茨城町下土師)が扱う生鮮食料品やJA常陸が手掛ける加工品など、コンビニ取扱商品も含め約3300商品を取りそろえ、相乗効果を図る。


というわけで、JAとファミリマートの一体型店舗が広がっています。ファミリマートとしては安定的な店舗拡大に役立ちますし、JAとしては売上げアップの可能性があるので、悪い組み合わせではないでしょう。

さすがに先日紹介した「過疎地のお弁当屋さん」のような事態は難しいでしょうが、それでもコンビニが立ちにくいような(でも直販所はあるような)立地にお店が建つというのは、地域的にもよろしいのではないかと思います。

とりあえず、ファミリマートさんはさまざまな業種との「一体型店舗」が増えていきますね。今後はどんなものが出てくるのか楽しみです。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:55 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:55 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ