<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スシローがスイーツ専門店舗をオープン | main | ローソン、中国に出店注力 >>

封筒による特殊詐欺防止策

封筒使い詐欺被害防げ 秋田市のコンビニで訓練|秋田魁新報電子版


コンビニエンスストアなどで電子マネーを購入させる架空請求詐欺被害が相次いでいる状況を受け、県警本部と秋田中央署は25日、秋田市川尻のデイリーヤマザキ秋田工業団地店で「電子マネー被害防止封筒」を配布する訓練を実施した。



Amazonギフト券などを手時で手渡す際に「〜〜というのは詐欺ですよ」という警鐘を書き込んだ封筒に入れて渡すことで、詐欺被害を未然に防ぐ、という試みのようです。

似たような事例は神戸でも行われていた模様。

神戸新聞NEXT|総合|特製封筒で電子マネー詐欺防止 コンビニに配布


相次ぐプリペイドカード式の電子マネーを悪用した詐欺の被害を防ごうと、兵庫県警が、詐欺の手口の説明などを記した特製の封筒を作り、県内の全コンビニ約2千店に配った。各店で電子マネー類のカードの包装に使ってもらい、だまされてカードを買ってしまった人が、被害に気づくようにするのが狙いという。


すべてが電子上でやりとりされるとこういう間を差し込むことはできませんが、カード(あるいはチケット)という物を使うからこそ、情報を挟み込むことができますね。さすがに店員さんが一人ひとりに「それは詐欺ではないですか?」と尋ねて回るのも難しいですし、会計中のレジ画面に表示したところで見てもらえるかどうかはわかりません。その点、カードを入れた封筒であれば、そしてそこに何やら書かれていたら、目にしてももらえる確率はぐんと高まるでしょう。

で、カードを買った時点で少しでも「あれ、これってもしかして」と思えるなら店員さんに相談する程度の冷静さを取り戻せるかもしれません。こういうのは、一度冷静になるとどんどん「怪しいな」と思えてくるので、クールダウンは重要です。

細かい施策かもしれませんが、なかなか有効であるように思います。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:26 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:26 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ