<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お中元のラインナップの新しい切り口 | main | 関西のセブンに阪急阪神グループの「Sポイント」が導入へ >>

2018年4月、コンビニ売上げ

4月の売上げデータがあがっているようです。

コンビニ/4月はセブンのみ増収、ローソン、ファミマは前年割れ(2018.05.10)|流通ニュース


コンビニエンスストア各社が発表した4月の営業実績によると、既存店売上高はセブン−イレブン前年同月比1.6%増、ファミリーマート0.1%減、ローソン2.0%減、ミニストップ1.4%減となった。


大手三社でみると、セブンだけがプラスで、ファミリマートはギリギリのマイナス、ローソンははっきりマイナスの構図です。

で、客数と客単価で見てみると、客数はセブンが微減で、ファミマとローソンは減、で、客単価がセブンとファミマがプラスで、ローソンが減です。両方のマイナスのおかげで、ローソンの売上げがダメージを被っているわけですね。

これまでのコンビニ各社の売上げの推移はだいたい似た傾向を持っていましたし、違っていてもセブンとそれ以外くらいの差異しかなかったのですが、徐々にローソンとファミマでも違いが生じつつあります。

これが何に起因するのか、あるいは単に一時的なものにすぎないのかはわかりませんが、個人的にはこういう差はますます出てくるのではないかと思います。それはそれとして、ローソンさんにも頑張って欲しいところです。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:53 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:53 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ