<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 開店数だけでは評価されなくなりつつあるようです | main | ファミリマートのアルバイトから、地域限定社員へ >>

伊藤忠とドンキ

ファミマ子会社化で伊藤忠とドンキとの関係はどうなるか | inside Enterprise | ダイヤモンド・オンライン


4月19日に伊藤忠が発表した、ユニー・ファミリーマートホールディングス(UFHD)の子会社化。伊藤忠は現在、発行済み株式の41.45%を保有しているが、8月ごろに公開買い付けを行い、50.1%と過半数に高める。投資額は約1200億円になる見通し。


記事を読んでも「どうなるか」はわからなかったわけですが、少なくともユニーを介して、伊藤忠とドンキがつながっているという点だけは理解できました。

ドンキ・ユニーの好調さから見ると、今後はユニー全体に少しずつ「ドンキ」路線が広まっていくことは考えられます。立地は選ぶでしょうが、少なくとも低迷している状況なら何か手を打つことは大切です。しかし、どこかの時点で伊藤忠的なものとドンキ的なものがぶつかるかもしれません。そうなったときどうなるのか、というのはたしかに見物ではあります。

よりドンキ的なものが広がっていくのか、それとも「あなたはここまでですね」と線引きされるのか。はたしてどうなることでしょう。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 09:36 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 09:36 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ