<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ファミマが既存店に投資 | main | ローソンが、ローソンスマホペイの実証実験を発表 >>

ユニー・ファミマ、2019年2月期の見通し

ユニー・ファミマ、19年2月期の営業益は2.4倍予想 コンビニ統合寄与 | ロイター発 新着ニュース | ダイヤモンド・オンライン


ユニー・ファミリーマートホールディングス<8028.T>は11日、2019年2月期の連結営業利益(国際会計基準)が同2.4倍の685億円になるとの見通しを発表した。店舗閉鎖などの費用が減少するほか、「サークルK」と「サンクス」のファミリーマートへの店舗転換が寄与する。本業のもうけを表す事業利益は同16.7%増の773億円の計画。


いろいろ景気の良い数字が踊っていますが、単純に看板替えが進捗し、徐々に終わりが近づいてきている、ということでしょう。看板替えした店舗は、一割ほど売上げがアップしていると書かれていて、それは実に喜ばしいことですが、もちろんそれでセブンとの差が大きく縮まるわけではありません。

よって、看板替えが一段落した後の売上げ推移が重要となってきます。幸いなことにファミマは既存店への投資を決めているようで、そこには期待が持てますね。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:55 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:55 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ