<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大雪だそうで | main | セブンのカウンターコーヒーが、3月にリニューアル >>

日本酒に力を入れているコンビニ

店内に700種の酒、コンビニ店長の情熱|日テレNEWS24


ごく普通のセブンイレブンですが、商品棚にはたくさんのお酒が――セブンイレブン津田沼店は、日本酒への愛にあふれたコンビニです。

店内に並ぶお酒の数は700種類。日本酒約300種類をはじめ、焼酎、泡盛、ワイン、ウイスキーなど、ありとあらゆるお酒を販売しています。コンビニではきわめて珍しい、人気の日本酒「獺祭」の正規取扱店でもあります


きちんと差別化されている店舗です。でも、なかなかこのレベルまで到達するのは難しいですね。簡単に真似できる施策ではありません。でも、どこの売り場でもいいですから、ちょっと力を入れて売り場を作ってみるだけでも結構違ってくると思います。単に商品を並べるだけでなく、「売り場を作る」わけです。

もちろんオーナーや店長自らやってもいいでしょうし、そういうのに興味を持っているスタッフに任せてみるのもいいでしょう。そういう面白い売り場の存在が、他のお店ではなく「あの店に行こう」という動機を生み出すのだと思います。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 13:12 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:12 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ