<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ファミリマートがコインランドリー併設店舗の計画 | main | ファミリマートが、白いおでんを発売へ >>

ローソンが、電子タグで無人の深夜営業の検討

ローソン、夜間の無人営業なるか?弁当や総菜への無線識別タグ適用にめど

ローソンは弁当や総菜といった電子レンジで温める商品に、商品管理を自動化できる無線識別(RFID)タグを適用するめどを付けた。2018年2―3月に、袋詰めまでできる自動レジと組み合わせた次世代コンビニエンスストアの実証試験に取り組む。人手不足対策の一環として、夜間の無人営業を視野に入れて知見を蓄える。


ローソンさんが実験を進められている電子タグと自動レジですが、たしかにこれを使えば、夜間の無人営業が視野に入ってきます。電子タグだとカウンターフーズなどの扱いが難しいのですが、深夜はそれを止めてしまえばよいわけで(実際やっていないお店が多いでしょう)、その辺の整合性はきちんとあります。

また深夜は人件費が高いのですが、無人化にする意義はあるでしょう。

ようするに、24時間営業というコンビニの建前は残したまま、そこで人が働くという労働環境(及び人件費の高騰)を防ぐ、という意味において、なかなかの折衷案ではないでしょうか。

もちろん、無人だからといって本当にスタッフが必要なくなるとは思えませんが、もし、そういうことが可能であれば、コンビニオーナーの負荷はずいぶん減ってくるような気がします。

ファミリマートで進んでいる24時間営業の撤廃とも合わせて、推移を見守っていきたいですね。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:44 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:44 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ