<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< コンビニと生鮮食品 | main | マックが、主婦層の人材獲得へ >>

スマホを料金収納の用紙代わりに

コンビニ各社 スマホで公共料金など支払い導入へ | NHKニュース


三井住友銀行とNECが開発したこのシステムはスマートフォンに専用のアプリを取り込むと代金の支払いに必要なバーコードが表示され、利用者は払い込み用紙の代わりにスマホの画面をレジで読み取ってもらうことで現金での支払いができます。


スマートフォンに表示されるバーコードを読み取ってもらって支払うなら、料金収納の用紙を持っていって支払うのと変わらないように思えますが、用紙だと、検収印をつく必要がありますし、ピリピリと切り取る必要もあります。複数枚もって来られると、新人さんなら結構テンパってしまうこともあります。スマートフォンのバーコードスキャンなら、その辺の手間がなくなりますね。

あと、お店が保管する控えも必要なくなるので、「一枚足りない……」みたいなレジ精算時の悲劇も減るかもしれません。今のところ、ミニストップ、セコマ、セブンでの導入が決定しているようですが、おそらく今後は拡大していくことでしょう。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:37 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:37 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ