<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< やり過ぎかもしれない駐車場の無断利用抑制だけれども | main | ローソンがレジを刷新。自動釣り銭機も >>

韓国のコンビニが相当多いようで

海外のコンビニ事情。

韓国は「コンビニ王国」…人口当たり店舗数で日本を上回る : 政治 : ハンギョレ


8日、コンビニ業界の資料によると、昨年末基準の国内のコンビニ数(上位6社基準)は3万4376軒で、韓国の人口が約5125万人であることを考慮すれば、人口1491人当たり1軒の割合でコンビニがあるものと把握された。これは人口2226人当たり1軒のコンビニがある日本よりも、人口比の店舗数が約1.5倍多い数値だ。今年3月末基準で、日本のコンビニ数は約5万6160軒で人口は1億2500万人だ。


現状の日本でもコンビニ飽和が問題視されていますが、韓国では人口あたりのコンビニ件数が日本を上回っているとのこと。とは言え、日本は、スーパー、ミニスーパー、ドラックストアとの競争もあるので、一概に状況が同じとは言えませんが、それでも、約5000万人の人口に対して、3万5000店舗違いコンビニがあるというのはすごいですね。

もちろん、店舗数の多さは弊害もあるようで、「先週発表されたGS25を運営するGSリテールの第2四半期の営業利益は、昨年同期に比べて21.7%減少した531億ウォン(約52億円)に止まった」ともあります。まあ、売上げを作るのは簡単ではないですよね。

ただし、韓国では個人営業のスーパーが6〜7万店舗あるらしく、そこからのコンビニ転換はまだまだ需要がありそうとのこと。日本では、もう酒屋さん的なものはほとんどコンビニへと転換(ないし廃業)してしまっているので、そこでの成長余地はなさそうですから、その点でも韓国の状況とは大きく違っていそうです。

今後韓国も経済成長を続けるならばコンビニにもまだ余地みたいなものはあるのかもしれませんが、そうでないなら日本よりも急激に状況が悪くなることもあるのかもしれません。なかなか大変です。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 14:21 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 14:21 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ