<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< セブンの、コンビニオーナー向け労働法の勉強会 | main | やり過ぎかもしれない駐車場の無断利用抑制だけれども >>

300万の社員

以前ファミリマートのスタッフ登用の施策を紹介しましたが、関連する記事をちらっと読みました。

コンビニ「年収300万円社員」は魅力的なのか | 高城幸司の会社の歩き方 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


ただ筆者が感じたのは年収300万円の正社員になることがアルバイトの引き留めにはならないのでないか?ということ。その理由はアルバイトのままでも同額くらい稼げるから。ちなみに東京都におけるアルバイトの平均時給は1000円を超えています。


全体の論旨としては、年収600万くらいの魅力的な条件にしないと人材の確保にはつながらないのではないか、という話で、たしかに年収600万円ならこぞって人は集まるでしょうが、ファミリマートの新卒社員の年収が300万円〜400万円くらいなことを考えるとどこまで現実的なのかな、という気はします。むしろ、そんな高い金額設定できないから、これまで通りアルバイトを使い回しておこう、みたいな発想になる方が怖いです。

で、それはそれとして、アルバイトでも300万稼げるという話が出ていますが、週休二日で一年間ずっと働きっぱなしでようやく達成できる話であり、有給やら福利厚生のことはまったく考慮されていません。しかも、コンビニ店舗に雇われているスタッフというのは、その店舗が契約終了になれば、働く場所がなくなってしまう可能性があり、安定性という面ではすごく不安定なのです。さらに、東京では時給が高いでしょうが、日本全国で見れば最低賃金が1000円を超えているところはまだまだ少ないでしょう。この制度が、全国的に展開されるものだ、という点も踏まえて考える必要があります。

あと、記事には地方に飛ばされる可能性、みたいなことが書かれていましたが、少なくともファミリマートのこの施策に関しては地域限定社員という形なので、その心配は無用です。

もちろん、理想としてはもっと年収が高い方が良いのでしょうが、それはそれとして、まずこういう施策が打ち出されたという方向性を評価して、その後徐々に待遇改善を訴えていく方が筋が良いのではないでしょうか。施策自体がぽしゃる可能性もあるわけで、まずは地道に進んでいくことが大切です。

地方でフリーターをやっていると、とにかく不安定なので、こうした施策以外にもいろいろ道が設定されるといいなと個人的には思います。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:22 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:22 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ