<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 8月15日から、ファミリマートでも「モバイルTカード」が使用可能に | main | 300万の社員 >>

セブンの、コンビニオーナー向け労働法の勉強会


コンビニオーナーが労働法学ぶ 雇用トラブル未然防止 | NHKニュース


24時間営業が多いコンビニで働く人たちと店との間の勤務や賃金をめぐるトラブルを未然に防ごうと、最大手のセブンーイレブン・ジャパンが店舗のオーナーに労働関係の法律への知識を深めてもらう研修会を開きました。



少し前に、スタッフの給料から勝手に天引きする、みたいな事件があったわけですが、おそらくそういうことが再発しないように、という対応なのでしょう。

オーナーになるにあたっては、研修みたいなものも受けるわけですが、労働関係の法律をきちんと理解したり、あるいは具体的に発生している問題を知ったり、という機会はあまりありません。本来コンビニのオーナーは、個人事業主であり、自らの責任においてそうした法律の知識を勉強する必要があるわけですが、なかなか難しいのも事実でしょう。

むしろ加盟店と本部の力関係から考えれば、こうした勉強会を本部が主催するのはごくまっとうな話だと言えます。ただし、これによって無知による問題発生は防げても、経営が厳しくなっている中で従業員にそのコストを押しつけるような形の問題は防げません。

まあ、それはどうやっても防げないわけですが。


JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:12 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:12 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ