<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< セブンのスーパーフライデー雑感 | main | ローソンがネットフリマのやりとりが簡単になる日本郵便の「e発送サービス」を導入 >>

セブンが、ベトナムに一号店

セブンイレブン、ベトナムに1号店 「日本品質」移植  :日本経済新聞


セブン&アイ・ホールディングスは15日、コンビニエンスストア「セブンイレブン」のベトナム1号店をホーチミン市に開いた。東南アジアでの店舗展開は6カ国目。地元の食文化を参考にした弁当などの食品を充実させ、工場から店まで低温で商品を届ける体制も構築。品ぞろえや品質で地場の競合に対抗、3年で100店を目指す。


ベトナムに一号店がオープンということで、とりあえずはおめでとうございます。個人的な印象では、「えっ、まだ進出していなかったの?」という感じなのですが、まあ、沖縄ですらようやくという腰の重い(あるいは出店に慎重)なセブンなのですから、とくに驚くようなことではないのかもしれません。

採算が合わないような地域への出店を渋っていた印象があったのですが、採算が合うと判断したのか、やはりこのあたりにしか規模拡大の道がないのかはわかりませんが、今後はこういう海外というかアジア進出の事例も増えていくのでしょう。

ちなみに、ベトナムではすでにファミリマートやミニストップが先行して出店しているようで、セブンがそこに追いつけるかが気になるところです。セブンは、基本的に「セブン品質」を一本通すところがあり、他チェーンのように細かいカスタマイズを好まない印象があるので、地域にあったローカライズがうまくできるのかどうかが鍵になりそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:34 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:34 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ