<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ローソンが、ゴディバと共同開発した高級デザートを発売 | main | ファミリマートが、独自のポイントカードを検討 >>

ファミマが、カウンターフーズを刷新

ファミリマートが、カウンターフーズ周りを一新するとのこと。

ファミリーマート/「ファミ横商店街」導入、やきとり年間2億本を販売(2017.06.05)|流通ニュース


ファミリーマートは6月5日、全国約1万8000店で、ファミチキや焼き鳥、コロッケなど惣菜を集めた「ファミ横商店街」を全店に導入すると発表した。


ネーミングセンスに若干の不安を覚えないではないですが、総菜への注力は全体的な流れに合致しています。また、やきとりがドドーンと扱われているのもいいですね。サークルKサンクスの人気商品だったので、活躍が見込めそうです。と言いたいところではあるのですが、この間ローソンもでか焼き鳥に注力されているので、そんなに簡単な話ではないかもしれません。とりあえず、競争は激しくなりそうです。

で、それとは別に以下の記事に面白いことが書かれていました。

始まるか? コンビニ大手の「焼き鳥戦争」 (2/2) - ITmedia ビジネスオンライン



これまでのキャンペーンは、取り付けなければならない販促物が大量に出ることにより、店舗の大きな負担になっていたという。キャンペーンを効果が高いものに絞り、販促物を減らすことで、現場の負担減にもつながると見込む。


思い返してみると、本部のこうした施策で「現場の負担減」について言及されたのはかなりのレアケースです。正直、値下げキャンペーンを絞り込むのは、値下げでは厳しいから、というのが理由だからだと思うのですが、それでもこういう一文を付け加えよう、という力学が働いているのは、加盟店を軽く扱っているように見られるのは得策ではない、という認識がある、ということなのでしょう。そういうのが、実際の施策にどんどん反映されていくとよいですね。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 09:45 * comments(4) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 09:45 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

>ファミマ店長さん

ああ、レンジアップになっちゃったんですか……。それはもう別の商品ですね……。
Comment by Rashita @ 2017/06/07 11:10 AM
>でくのぼうさん

たしかに炊きたてのご飯は、新しい需要を喚起するかもしれませんね。おいしいそうです。
Comment by Rashita @ 2017/06/07 11:09 AM
お疲れ様です。
前にサークルK店長でコメントしてたような気がします?

ファミマでも焼き鳥展開が始まりましたが
焼きの調理がなくなりレンジアップに変更になり…
ちょっと微妙です。
Comment by ファミマ店長 @ 2017/06/06 10:05 PM

10年前、20年前と比べると、

旨い惣菜類が沢山増えた。

要するに「おかず」が増えたのなら

チンするご飯も隣に置かないと。

でもホントは店で炊き立てのご飯を売る。

炊き立てのご飯なら、より惣菜もおいしくなる。

Comment by でくのぼう @ 2017/06/06 11:53 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ