<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ローソン、コンビニコア層と主婦層にアプローチ | main | 2017年2月、ファミリーマート売上げ >>

セブンが、生鮮にもPBを

売り上げ1兆円突破「セブンプレミアム」、生鮮品に進出 - ITmedia ビジネスオンライン


セブン&アイ・ホールディングス(HD)は3月9日、プライベートブランド(PB)から新たに生鮮食品を販売するほか、PB商品を2019年度までに現在の3650品目から4200品目に拡充し、年間売り上げ1兆5000億円(PB単体)を目指すと発表した。


いよいよ生鮮食品にもセブンPBの手が伸びるようです。なんというか、横綱相撲という感じです。ローソンは自社での農園(農業)展開に力を入れていましたが、セブンはそちらの方向ではないようです。


第1弾として、標高1000メートル以上のフィリピンの農園で栽培した「濃厚旨みバナナ」(3月9日から)、卵から管理したノルウェー産の「アトランティックサーモン」(3月11日から)、カナダの農場で飼育した「カナダポーク」(3月20日から)を販売する。


価値のある、というか値段を付けられる商品をどどんと展開していく、という印象。まあ、単価を取りたければこうするしかないわけですが、こうできるのがさすがにセブンといったところ。「価格よりも品質の高さで勝負していきたい」という言葉が紹介されていますが、言い換えれば「安売りするつもりはないよ」ということで、そこそこの良いお値段なのでしょう。

でまあ、こういう商品展開がたしかに平均日販を底上げしているわけで、あとは本当に売れるかどうかがポイントになります。でも、売れそうな気はします。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:51 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:51 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ