<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 成人の日ですが | main | 2016年12月、ファミリーマート売上げ >>

ファミマ社長へのインタビュー記事を読んで

ファミリーマートの沢田貴司社長に対するインタビュー記事が公開されていました。

【新春直球緩球】ファミリーマートの沢田貴司社長「IoTやAI技術を活用」 - 産経ニュース

もしかしたら、編集の際にざっくりまとめられすぎたのかもしれませんが、ほとんど何を言っているのかがわかりません。


加盟店が元気になる施策を取り入れることで、結果として2万店に拡大したい。


「元気になる」って具体的に何を指しているのでしょうか。利益を採れるということでしょうか、ちゃんと休みを取れるということでしょうか。それとも空元気を出せるということでしょうか。非常に曖昧です。


PDCA(計画、実行、評価、改善)をしっかり回して、追い上げたい。


はい、でました。PDCA。うんうん大切ですよね。でも、どう考えたってセブンだってPDCAを回しています。それは基本みたいなものなのです。その上で何が出来るかが重要でしょう。


モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)といった技術が進歩しており、正しく取り入れることが重要だ


おっ、流行言葉を使っておけば何か新しいメッセージに聞こえるかもしれない作戦ですかね。IoTやAIは間違いなく重要な要素となっていくでしょうが、ICチップの実証実験はローソンが進めていますし、チャットボットもローソンが元気です。こちらは非常に具体的です。対して、「正しく取り入れる」って具体的に何を意味しているのかわかりません。



コンビニのATM(現金自動預払機)は、ある意味で(ITを使った新たな金融サービス)『フィンテック』だ。


コンビニのATMってまさしくフィンテックなんですが、でもこれが便利だからこそ、設備不足の開発途上国に比べて日本での新しいフィンテックの普及は難しいだろうな、ということもわかるわけです。「将来的には、ファミリーマートらしい金融サービスをやりたい」らしいですが、ここまでくるともはや何がなんだかですね。

とは言え、所詮はインタビューであって、裏側ではちゃんと具体案があって、着々と実施されているかもしれないので、ここで文句を付けても仕方がありませんね。はい。

JUGEMテーマ:ビジネス



関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:14 * comments(3) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:14 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

>ルブランさん

情報ありがとうございます。ローソン着実に伸ばしてますね。

>まあさん

すいませんでした。
Comment by Rashita @ 2017/01/11 1:18 PM
最後わかっているなら書かなきゃいいのに

もう少し頑張ってください。
Comment by まあ @ 2017/01/11 12:19 PM
お疲れ様です
名古屋地下鉄売店も
ローソンが落札しましたね
Comment by ルブラン @ 2017/01/11 6:27 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ