<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2015年6月、ローソン全店売り上げ | main | わりとタフな店長業務 >>

イートイン中心の新業態

小売り各社、新業態続々 コンビニで「ちょい飲み」も(1/2ページ) - 産経ニュース

コンビニエンスストアやスーパーなど小売り各社が、従来と異なる新業態店の展開に乗り出している。仕事帰りに「ちょい飲み」できる飲食スペースを設けるコンビニや、外食とカラオケボックスの融合店など、多様化する消費者ニーズにあの手この手で対応する狙いだ。


記事の中では、ミニストップの新業態「cisca」が紹介されています。イートインスペースの利用を中心とした小売業態ということで、もはやコンビニとは呼べないかもしれません。

こういう新業態の開発が模索されているということは、これまでのコンビニの路線に限界が生じているということの証左でもあるのでしょう。

どちらにせよ、「バーコードをスキャンできるだけの店員」では、限界はありそうです。レベルの高い接客というか、ホスピタリティのある接客というか、ともかくそういうものがないと、業態の方にスタッフが付いていけない、ということはありそうです。

でもって、そういう人員を惹き付ける時給を提示できないと、やっぱりしんどいことになるのでしょう。
JUGEMテーマ:ビジネス


関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:38 * comments(2) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:38 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

>コンビニオーナーさん

ですね・・・。

おそらく今後しばらくは下位のコンビニがじわじわと潰れる(or吸収される)形で、業界の整理統合が進んでいくのでしょう。本格的にやばいのは、その後から顔を出してくるのだと思います。

Comment by Rashita @ 2015/07/17 11:34 AM
所詮本部社員がするわけでもないので
なんでも良いことは言えます・・・
フィーは変わらないのに加盟者の負担は増えるばかり
さすがの7-11も加盟者不足に陥っているという現実
コンビニFCという業態はすでに破綻しているのかもしれません
Comment by コンビニオーナー @ 2015/07/16 7:42 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ