<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< セブンが、一部店舗で免税対応を | main | ダイエーの衰退、そして >>

12月です

さて、12月に入りました。今年も残り一ヶ月です。

年末は、ともかく予約商材の多い季節ですので、力を入れる教材を決めて集中的に取り組みましょう。

月末に近づくにつれて、飲み会需要・イベント需要が増えてきますので、在庫の持ち量には十分注意してください。特に、大容量お菓子やビールの六缶パックなど、普段動きにくい商品がどどっと売れる可能性があります。こうした商材の売り逃しは痛いので、慎重に在庫を整えましょう。

あとは防犯です。

年賀状の管理については以前も書きましたが、それ以外の被害も十分ありえますので、「いらっしゃいませ」の声かけの徹底など、「このお店はお客の動向をチェックしているぞ」という雰囲気を出していきましょう。

では、では。
JUGEMテーマ:ビジネス


関連するエントリー
Rashita * スタッフ力養成講座 * 09:14 * comments(2) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 09:14 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

>ムッチさん

3つはちょっとしんどいですね・・・。

とりあえず日販を減らさないことが一番の目標になるでしょうから、既存のリピーターを逃がさないように、それまで以上に接客や商品在庫に注意を払うというのがスタートになりそうです。

あとは、それらの新店舗がどういう店作りをしているかにも依りますかね。しょぼい感じなら、時間が経てばいずれ結果は見えていますし、自分のお店以上のクオリティがあるなら、何かしら手を打つ必要はあるでしょう。

あまり具体的なことは言えませんが、

「目の前のお客さんを大切にする」
「他のお店ができていないことをする」

というのが基本的な考え方になると思います。

それでも日販へのダメージが0にはならないでしょうが、甚大な被害というのは防げると思います。
Comment by Rashita @ 2014/12/02 11:54 AM
半年で自分の商圏に3つの同じサークルKねや看板ができます。
ラシタさんが店長やってたときならどうしますか?
ちなみに日販50です。
Comment by ムッチ @ 2014/12/01 11:17 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ