<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サークルKサンクスの売却話について | main | 『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』を読みました >>

ローソンが、成城石井の買収へ

ビッグなニュースです。

ローソン:成城石井買収の方針 500億円規模(毎日新聞)


コンビニエンスストア国内2位のローソンは16日、首都圏などで高級スーパーを展開する成城石井を買収する方針を固めた。成城石井を保有する投資ファンド、丸の内キャピタルと500億円規模で買収交渉を進めており、8月末にも内定する見通しだ。


こちらはサークルKサンクスの件とは違い、既定路線のようです。

すでにしっかりとしたブランドを持っている成城石井ですから、買収する価値は十分にあるでしょう。ただ、



駅構内などの小型店が多いことから、小型のコンビニと運営ノウハウを共有するなど相乗効果が大きいと判断した。


この点が引っかかります。コンビニはテンプレフォーマットの利用で出店コストを引き下げる動きが盛んですが、成城石井の店舗作りは、それとは反対な気がします。つまり一店舗一店舗作り込んでいくというスタイル。接客対応もマニュアル式のコンビニとはやはり違うでしょう。その点の方向性の違いが若干気になるところではあります。

が、最近ローソンは立地に合わせた出店などとよく言われていますし、実際にフォーマットが複数あるので、ベースとなる考え方で通じる部分はあるかもしれません。あと、「作っているところがないなら、自分たちで作ってしまえ」の精神も似ている気がします。

少なくともコンビニ業界全体を見渡せば、ローソンが一番相性が良いチェーンではあるでしょう。

成城石井さんは、デフレに最適化したお店ではなく、きっちり客単価をとっているので、そうした考え方を取り込むことができれば、既存店にも何かしら良い影響が出てくるかもしれません。買収が成立した後の、ローソンが展開する小型スーパーやコンビニフォーマットが楽しみですね。
JUGEMテーマ:ビジネス


関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:52 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:52 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ