<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< レジって、結構高いですからね | main | 収入印紙は5万円から >>

セブンの2014年2月期決算

セブンの2014年2月期決算が発表されたようです。

セブン-イレブン/2月期は売上高10.0%増、営業利益13.9%増(流通ニュース)


セブン-イレブン・ジャパンの2014年2月期決算は、売上高6795億6100万円(前年同期比10.0%増)、営業利益2127億8500万円(13.9%増)となった。



10%アップとは、すごい数字です。ちなみに、加盟店売り上げは3兆6850億9500万円の7.8%アップ。

なにせ過去最高となる1579店の出店ですからね。そりゃ売り上げもぐぐんとあがります。総店舗数も1万6000店を超えた様子。

さすがに、この出店は無理しすぎてはないかという気がしないではありません。なにせ消費税もあがっちゃっているわけですし。

7&iHD、コンビニけん引で4期連続の営業最高益更新へ(Reuters)


消費増税の影響について、村田紀敏社長は「駆け込み需要は最後の3日間に大きく出た。4月はほぼ前回の増税時と同じ状況でダウンしている。6月ごろまでには元に戻ってくるのではないか」との見通しを示した。


駆け込み需要があれば、当然その反動も出てきます。社長のコメントには「6月ごろまでには元に戻ってくるのではないか」とありますが、かなり楽観的な見通しでしょう。

最悪の場合さらなる価格競争が進み、ふたたびデフレのもと、利益の薄い商品をなんとか売っていくしかない、という方向に進むこともありえます。もちろん、そうならない可能性も十分あるわけですが。

まあ、体力のあるセブンさんは、「スクラップ&ビルド」すればいいんでしょうが、加盟店からすると・・・という感じがしないではありません。とりあえず、セブン本体は、しばらく成長し続けそうですね。
JUGEMテーマ:ビジネス


関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:15 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:15 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ