<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 百貨店は二ヶ月ぶりのプラス | main | ローソンで、500円のメンチカツカレーを食す >>

コンビニの方がスーパーより安い?

コンビニ、スーパーとの価格差縮小 逆転現象も (日本経済新聞)


 スーパーで188円で売っているカゴメの「トマトケチャップ」(300グラム)が、セブンイレブンで187円、サンクスでは178円――。都内の店頭価格を確認すると、コンビニエンスストアで売っている一部のメーカー品ではスーパーより価格が安い逆転現象も起こっていた。


コンビニ高い、スーパー安い。というのがこれまでの価格実感でしたが、最近ではそういう図式が完全に崩れつつあります。同じぐらい、だけではなくコンビニの方が安い、という奇異なる事態も出てきている様子。

もちろん、単に値下げすればOKというわけではありません。


 コンビニの収益の核は弁当やおにぎり、パンなどのオリジナル商品。飲料や調味料、日用雑貨の値下げで割高感を減らして集客につなげつつ、主力商品で稼ぐ戦略だ。


ここがポイントですね。売り上げの多い商品は、高単価商材も合わせて利益をしっかり作る。差別化要素の少ない商品は、値下げで希求力を生み出す。こういうメリハリがないと、単なる価格競争になってしまい、業界全体が苦しい状況に追い込まれるのは目に見えています。

もちろん、値下げしなくても売れる、という商品を弁当やおにぎりで開発する必要があるのは言うまでもありませんが。
JUGEMテーマ:ビジネス


関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:00 * comments(0) * trackbacks(3)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:00 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

直火で炙ったソーセージおむすび3@セブンイレブン

モデルチェンジした。以前のタイプに戻ったような印象を受ける。ソーセージが薄くなり、照り焼きのタレがたっぷり塗られたものになっている。マヨネーズは少なめで、海苔が巻かれ ...
From たび☆めし☆うま BLOG @ 2016/08/26 12:30 AM

直火で炙ったソーセージおむすび2@セブンイレブン

ん? マイナーチェンジか? 照り焼き感がなくなり、ソーセージそのものの味が前面に出るようになった。 商品情報など・・・
From たび☆めし☆うま BLOG @ 2015/12/16 7:44 AM

直火焼きソーセージおむすび@セブンイレブン

「荒挽き」が「直火焼き」に変更。表示カロリーも300kcalから306kcalへなっているが、マヨが増えたかな?直火焼きになったとはいえ、それほどの変化は感じられないが、肉の厚みがあっ ...
From たび☆めし☆うま BLOG @ 2013/06/29 7:53 AM
このページの先頭へ