<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「超おひとりさま社会」へのアプローチを探る一冊 | main | コンビニ店員は、誰にでもできる? >>

ローソンの、ほぼ国産素材の新お弁当シリーズ

以前も少し紹介しましたが、ローソンのお弁当の新シリーズです。

お弁当、ほぼ100%国産素材 ローソンが新シリーズ(朝日新聞)


ローソンは、お弁当で「郷土(ふるさと)のうまい!」シリーズを売り出した。調味料や薬味をのぞき、肉や野菜などはほぼ国産の素材を使う。


国産の素材をふんだんに使い、少し単価の高いお弁当に仕上がっています。今後は、月替わりでこのシリーズが発売されていくようです。

基本的に、低単価だけに走らない施策は好ましいと思えます。

が、今回気になったのはそこではなく、「ほぼ100%国産素材」のほうです。

ほぼ100%って、一体何が国産ではないのでしょうか。朝日新聞の記事を見るだけはわかりません。

ではローソンのサイトは、と思ってチェックするもお品書きはあるものの、国産でないものがどれなのかはわかりません。
http://www.lawson.co.jp/recommend/static/osusume/furusato/index.html?param=01&id=01#product

どうでもいいといえば、どうでもいいのですが、何だか気になってしまいます。

どうせだったら100%国産と銘打った方が宣伝効果は高いでしょう。それをしなかったということは、単価的にどうしても無理な食材があったのか、それとも海外食材の方が質が高いものだったのか・・・。

ちなみに、お品書きは

桜島どりの鶏めし
紀州南高梅
栃木産手作り玉子焼き
焼きさば
つくね七味仕立て
牛蒡と人参の炊き合わせ
刻み海苔
柴葉漬け

となっています。なんか書いていたら若干食べたくなってきました。ちょっとチャレンジしてみようと思います。


JUGEMテーマ:ビジネス


関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:56 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:56 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ