<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「からあげクン はてな味」を食べてみた | main | サークルKサンクスの「チキンナゲット」を食べてみた >>

カウンターコーヒーの販促

最近、コンビニのカウンターコーヒーをよく買うようにしているんですが、店舗での販促が若干弱めな気がしています。

コーヒーマシン周りやレジカウンター周りのPOPは、どのお店も一通りセッティングされています。この辺は問題ありません。

ただ、単にラインナップを並べるよりは、「店長のオススメ」とか「これが売れています」とかそういうセレクトがあった方がより売上げに貢献できるでしょう。

コーヒーマシンの近くに(賞味期限の少し長めの)和洋菓子を置いておくのも、それなりには効果的ですが、あくまでそれなりです。

むしろ、デザート・和洋菓子売り場の方でコーヒーのアピールをしたほうが良いでしょう。「カウンターコーヒー発売中」ぐらいではまったく弱くて、どんなコーヒーがいくらで売っているかの情報を提示した方がよいかと思います。コーヒー注文するためのミニカードを作って、売り場に置いておくのも効果的かもしれません。

あとは、単純にソフトドリンクのHOTドリンクコーナーでの展開です。が、もともと売り場スペースが厳しい場所なので、大々的に展開するのは難しいでしょう。ただ、120円の缶コーヒーよりは単価が取れる可能性があるので、何かしらカウンターコーヒーへの導線を作っておくとよいかと思います。

案外、本棚にもPOPを付けておくのはありかもしれません。本棚で立ち読み→コーヒーでも買って帰るか、という流れは珍しくないと思うので、本棚の近くでアピールしておくと、売上げにつながる可能性があります。

まあ、うちは別にコーヒー売りたくないから、というお店の方は、気にしなくて結構です。
JUGEMテーマ:ビジネス


関連するエントリー
Rashita * 販促・POP * 09:52 * comments(0) * trackbacks(4)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 09:52 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

副島隆彦を囲む会では、貧しいが前途のある、優秀な若者たちを育てています!

テレビや新聞、週刊誌といったメデイアに洗脳され続ける日本人は、自分自身の脳、すなわち思考そのものを点検せよ! すべてを疑うべきなのだ!
From 副島隆彦の学問道場 @ 2012/11/11 9:31 AM

BB動画

動画情報ライフでは、素敵な動画をご紹介しております。
From 動画情報ライフ @ 2012/10/30 2:08 PM

岡山商科大学はあなたの夢を叶えます!

岡山商科大学は世界を視野に入れ、斬新なアイデアで地域の活性化に貢献しております。
From 岡山商科大学はあなたの夢を叶えます! @ 2012/10/30 10:10 AM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
From - @ 2012/10/25 10:58 AM
このページの先頭へ