<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< コンビニ店長が横領で逮捕 | main | 販促会議2012年8月号に書きました! >>

ローソンが、太陽光発電システムで売電事業へ

日経のプレスリリースで次のような発表を見かけました。

ローソン、「太陽光発電システム」を2年で2000店舗に導入(日経プレスリリース)


 株式会社ローソン(本社:東京都品川区/代表取締役社長CEO 新浪剛史)は、2012年9月より、店舗の屋根への太陽光発電システム設置を発電量の多い地域より優先して設置を開始いたします。今年度中に1,000店舗、来年度中に1,000店舗の合計2,000店舗に導入する予定です。これは、2012年7月1日から施行される再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に合わせ、発電した電力を売電するためのものです。電力会社申請許可後の10月より売電を開始する予定です。


書いてあることは二つ。一つは2000店舗に太陽光発電システムを設置しにかかる。もう一つは、売電業務に乗り出す、という点。これについては少し前にも報道されていたと思いますが、よりはっきりした形が見えてきた、といったところです。

別の記事を見てみると、

ローソンが売電事業に参入、店舗に太陽光発電システムを設置へ(ロイター)


ローソンは、今年度中に1000店舗、来年度中に1000店舗の合計2000店舗に太陽光発電システムを導入する。1店舗当たりの発電量は12キロワットで、このうち、10キロワットが売電用、2キロワットが店舗使用となる。年間の電力量は1万1000キロワット。


という解説が。まったく知識が内ので、12キロワットという数字がどの程度大きいモノなのか判断できませんが、店舗で使用する電力が2キロワットだと、10キロワットはそこそこな数字ですね。それが2000店分。これを売電用に使う、ということのようです。

成長が大きく期待できる分野なのかどうかはわかりませんが、ローソンがさまざまなものを視野に入れていることはよくわかります。

しかし、これ大きな投資になるんでしょうね。
JUGEMテーマ:ビジネス


関連するエントリー
Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:19 * comments(0) * trackbacks(1)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:19 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

三木谷社長 「英語能力が無いから日本は苦しんでる」 「その点、楽天社員はメールも会議も文書も英語」

1 :コラット(埼玉県) 2012/06/29(金) 20:51:15.14 ID:jg7QJvNdP BE:1781181037-PLT(12000) ポイント特典 「製造業苦境の原因は英語力欠如」 社内を英語公用語化した楽天・三木谷社長が講演
From web magazine GO[d @ 2012/07/02 11:24 AM
このページの先頭へ