<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今週の新商品 ざっと2 | main | コンビニのゴミ箱 >>

毎年恒例のアノ日

ヌーボー輸入、過去最高に 17日解禁、高級品に人気

17日午前零時に解禁されるフランスワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の輸入量が、昨年実績を1%程度上回る105万ケース(1ケースは750ミリリットル12本で換算)に達し、過去最高を更新する見通しだ。今年はヌーボーの中でも「ビラージュもの」や「ドメーヌもの」と呼ばれる高級品が人気になりそうだという。


コンビニチャンネルでの販売数が増えているということですが、うちの店ではあまり売れないボジョレーの解禁日がそろそろ迫って来ております。
基本的に、セブンがガッと発注かけているので、他のチェーンも追従して、その結果販売数が上がっているということなんでしょう。

ボジョレーに限らずこういう季節もの、限定ものというのはその発売日近辺には在庫がないとお客様に不満を与えかねませんが、一週間も経つとまったく売れなくなるというのが、頭の悩ましどころなのであります。

結果的に毎年売れそうな量よりも多少多めに発注をかけて、売れ残りは値引きというパターンになるのが毎年恒例のボジョレー。昨年のものは3ヶ月以上売り場に並んでいました。おそらく今年もそうなることでしょう。

なるべくならそのような事態に陥らないように、当日か翌日くらいで売りさばけるように、売り場の展開やらPOPなどなど店員の腕の見せ所、という感じですが、いかんせんワインというのはターゲットが結構絞られる上に、価格帯が通常のコンビニの商品と比べても高い、という点からボジョレーは毎年頭を悩ませるところです。

レジ近辺の目につきやすいところ、エンド前、チューハイ、ワインの棚近辺が展開場所として考えられます。作り物のブドウやワイングラスなどがPOPの素材としては考えられます。

また関連商材として、ワインに合うつまみやコルク抜きなどがあります。

正直言って、解禁日からその週の日曜までが勝負所です。
解禁日にあわてて売り場作りをしないように、早めに準備を整えて起きましょう。
関連するエントリー
Rashita * レイアウト * 20:11 * comments(0) * trackbacks(1)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:11 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

コメントする









トラックバック

コルク抜き といえば

こんなものもありますよ。ぜひお越しください!
From cacchao.net @ 2007/06/22 6:11 AM
このページの先頭へ