<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< セブンの下方修正とタワレコへの資本参加 | main | コンビニと大学生の共同開発 >>

3月の店長行動計画

さて、もう3月も4日です。今月の行動計画なんかを月刊コンビニ3月号を参考にしながら考えてみたいと思います。

パン


 販売数が上昇してくるので、単純に持ち量を上げるだけでなく、機動的に売り場を作り替える対応も必要。パンメーカーもキャンペーンを実施するし、本部企画のキャンペーンなどもある。有効に活用すること。

難しい発注


 三寒四温。気温や天気によって売れる商品が変化する。この季節においては絶対的な気温よりも体感気温の方が重要になってくる。事前に、気温対応の売り込む商品、売り場構成などを考えておくと機敏に対応できる。天気が悪い所はあまり気合いを入れすぎないのが廃棄を抑えるポイント。

また、イベントやお出かけも発生しやすい。周辺の情報にはより気を配っておいた方が、機会ロスを減らせる。

イベント


 まずは、ホワイトデーとひなまつり。前半はホワイトデーだがバレンタインと同様に曜日周りは悪い。できるだけ売り場の存在感を出すこと。

 すでにひなまつりは終わってしまっているので、あとは花見。花見需要は大きなロードサイドでなくても大きな公園などがあれば発生する可能性は高い。売り場作りはそれほど難しくないので、「花見気分」をもりあげる演出があればよい。

 そういったものが無ければ無難に花粉症対策の売り場作り。

新しいお客・あたらしい店員


 4月の入れ替えに向けて新規スタッフの導入を検討されている店やすでに新人さんを採用した店いろいろあると思う。人材育成は店長の仕事の一つ。ただ、細かいところまでチェックしようとすると時間がかかりすぎる。オペレーション周りの細かい点は、スタッフ同士でフォローし合えるような体制が作れれば一番良い。(時間帯ごとのリーダーを作る)

 3月後半から新しいお客さんを見かけることも多いはず。初見のお客さんに「がっかり」されない店作りが重要。

とまあ、こんなところです。皆さん頑張っていきましょう。

関連するエントリー
Rashita * 店舗マネジメントの心得 * 10:45 * comments(2) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:45 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

>ゆっきーさん
やはり常連さんが重要ですからね。頑張って常連さんを増やしていってください。
Comment by Rashita @ 2010/03/05 8:42 AM
気温があがりやっと売上が上がるシーズンになってきた感じがします
新しい常連さんが増えるよう参考になりました
Comment by ゆっきー @ 2010/03/05 4:40 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ