<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大阪府の商品券への対策:解答編 | main | 第9週 新商品検討 >>

コンビニに出店制限_愛知県豊田市の方針

愛知県豊田市がコンビニ業界にとってなかなかインパクトのある方向性をとったようだ。

豊田市、コンビニの農地転用出店を制限(東京新聞)

 農地転用で郊外の主要道路沿いに造られたコンビニエンスストアの廃業が相次ぐ愛知県豊田市は3月から、近くに既存のコンビニがある場合、農用地区域内への新設を事実上制限する。乱立による廃業を防ぎ、農地が転用目的以外に使われないようにする。愛知県やコンビニのチェーン会社によると、同様の制限をする自治体は把握していないという。


これはすごい試みだと思う。基本的に自由競争が前提の「資本主義社会」においては、こういった出店を制限することはなかなか難しい。しかも「コンビニ」というありふれた店舗を制限するとなるとなおさらだ。

制限をかける場合は、同業種の協会が自主的にルールを定めるという「自主規制」が一番考えやすいが、今までのコンビニではそういった規制はまったくなかった。

かといって国が作る法律で制限する事も難しい。

こういった特定の立地に限定して出店を制限するというのは非常に現実に即した対応だろうと思う。都市部と違って、郊外のコンビニっは一店舗あたりがもつ商圏が広い。逆に言うとそれくらい広い商圏が無いと経営が成り立たない、という状況があるわけだ。

そんな状況に別の店舗が出店したときのダメージは計り知れない。

最終的にそうやってつぶし合いがおこって困るのは地域住民ではないだろうか。

コンビニが立ってはつぶれ、立ってはつぶれを繰り返せば「使い慣れる」ということっも難しい。安心して使えるコンビニという意味で、業界に与えるインパクトは大きい。

確かに自由競争の妨害、とも言える。そうやって競争相手が出店しないと高をくくって傲慢な経営をするコンビニがでてくるかもしれない。
しかしながら、現在の不況の中で、コンビニのオーナーは恐ろしく不安定な立場にいる事は間違いない。

これらかコンビニをやろうかどうか悩んでいる方もやはり「競合店」の出店が一番大きな問題なのだろうと思う。
なにせ一応10年程度の契約を結ぶ以上、その地域と10年間のおつきあいをしていかなければならない。

それぐらいの強い気持ちで始めたとしても郊外では別に一見コンビニができればとたんに経営が苦しくなる。立ち行かなくなる。それでもコンビニを続けていかなければならないのだ。

今後同様の事例が出てくるかどうかはわからない。そして豊田市がこの方針をいつまで続けるかもわからない。
ただ、こういった地域に今出店している店舗としては結構な安心感があるのではないだろうか。

この豊田市の対策がどのような影響をもたらすのかは現段階では未知数だ。
ある程度効果をはかるためにも、この地域のコンビニの経営状況や顧客満足度をどこかが追跡調査して欲しいところである。
関連するエントリー
Rashita * コンビニ * 14:13 * comments(2) * trackbacks(1)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 14:13 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

>ゆっきーさん
コンビニはドミナント展開が基本なので競合店が同じブランドということはよくありますね。
同じブランドが競合店であれば、ますます「接客力」で差がついてくると思います。
Comment by Rashita @ 2010/02/20 7:44 AM
豊田市はトヨタショックでかなりひさんですからね
SVに話を聞くとそれくらいしないときついかもしれません
競合店が近くにできないのは経営者にとってはかなり救いの制度かもしれません
なんせ今はライバルが同じブランドのコンビニというのがあたりまになってますから(TOT)
Comment by ゆっきー @ 2010/02/20 5:03 AM
コメントする









トラックバック

コンビニ スイーツ

コンビニ スイーツについての情報です。
From コンビニ スイーツ @ 2010/02/19 3:25 PM
このページの先頭へ