<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 3自治体でコンビニ住民票交付開始 | main | やっぱり立地。 >>

イベント後のデータ保存について

さて、節分も終わりました。恵方巻きの販売状況はいかがだったでしょうか。

今回はこういったイベント終わりに、どのようなデータをチェックし、残しておけばよいのかについてです。

ちなみに、基本的なデータ(その日の売上や客数、天気など)などは除外してあります。

こんなデータが欲しい!

イベントデータ
店売り分の「発注(納品)」「販売(便別・時間帯別)」「廃棄(便別)」のデータ
予約数(顧客リストとアイテムごとの総数)
だれが予約を取ったか(活躍したスタッフとその数、
販促展開について(写真など)
(できれば)他の店の売り場展開

このあたりを抑えておけばだいたいOKだと思います。もちろん、さらに詳しいデータはいくらでもあります。
例えば、イベント周りの商品以外の動き。例えば恵方巻きであればおにぎりなどの販売がどう変化したのか、といった関連データも重要です。

欲しいデータを考える
基本的にはこのようなデータは「次回の発注に役立てる」ために使います。逆に言えば役に立たないデータを残しておく意味はありません。データをとったり分析したりするのにも時間がかかります。できるだけ効率よく進めたいところです。

残しておくデータの基準というのは
自分が発注する際に参考にしたい情報」かどうか、ということです。

なんでもかんでもデータを残しておくのではなくて、「今年発注したときに気になったけども参照できなかった」ようなデータならば今年は積極的に集めて、保存しておくことをおすすめします。

逆に残した置いたけども使わなかったデータに関しては今年は向きになって残す必要はないと思います。

以上にあげたものを参考に、「データの保存」をやってみてください。
関連するエントリー
Rashita * 店舗マネジメントの心得 * 12:00 * comments(2) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:00 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

>ゆっきーさん
がんばってください!
Comment by Rashita @ 2010/02/05 7:39 AM
さっそくデータを残してみたいと思います。
今年は欠品はなかったがもう少しいけた感じがしたので来年勝負したいと思います
Comment by ゆっきー @ 2010/02/05 5:19 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ