<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 第5週 新商品検討 | main | 今週は、売り込むものが二つもあります。 >>

1月は恵方寿司:第三回:スタッフ発のアイデアを求める

※恵方寿司も終わりに近づいていますが、イベントごとに共通するようなテーマで書いていますので、この企画はしばらく続けます。

先週は「1月は恵方寿司:第二回:イベントを進めるための第一歩」で、スタッフを巻き込む上で重要なポイントの一つ目を紹介しました。

一つ目は「情報の共有化を徹底する」でしたが、今回は二つ目。

簡単といえば簡単な事ですが、案外難しいポイントの二つ目を紹介します。

スタッフを巻き込む上で重要なポイント その二

アイデアを出してもらう


アイデアというのは、「どうすれば予約が取れるのか」「どうすれば売上があがるのか」についてのアイデアのことです。いろいろ研究されているオーナー(店長)さんは自分なりにアイデアを考えているかも知れません。

しかし、一方的に「これと、これやって」と指示するだけで果たしてスタッフがやる気になるでしょうか。逆の立場で自分がそのような状況だったら面白いと感じるでしょうか。

もし、ある程度の人数が集まってミーティングができる状況ならば、情報を共有した上で、上の二つについてスタッフからのアイデアを聞いてみて下さい。

そのとき、どんな突飛なアイデアでも否定してはいけません。もちろん予算や人員的に無理なものもあるでしょうが、それも大切な一つのアイデアです。後に検討する内にそういう無理なアイデアは消えていくでしょうから、候補としては残しておくほうが良いと思います。

まったくアイデアが出てこない場合(最初なら充分あり得ます)、オーナー(店長)さんが自分の持っているいくつかのアイデアを提示して、どれがよいかを聞くという形でも良いでしょう。あるいは他の店舗の展開などを参考にして、自分たちの店ならばどれができるか、というのを考えてもらってもよいと思います。

基本的にオーナー(店長)は一歩引いた形で、スタッフから出てくるアイデアをまとめたり、議論の方向を整えたりすることに専念した方が賢明です。

アイデアは
・どんな予約活動をするのか
・どんなPOPを作るのか
・当日の売り場作りはどうするのか
といった事になります。
これに加えて作業分担もある程度スタッフの能力を見て割り振っていく必要があります。全員が均一な動きをするのではなく、声かけが得意な人、POPが得意な人、文章を考えるのが上手い人、チームをまとめる補が上手い人、それぞれに合わせてできる仕事が何か無いだろうか考える必要があります。そのとき、オーナーがこうしろ、と押しつけたものと、みんなで考えたアイデアでは、やはり仕事をするときの気持ちも違ってくるのではないでしょうか。

最終的に「売上」をどれだけ作るか、も重要なのですが、それよりも「店全体を一つの方向に向ける」という試みの方が大切です。そして、それを目指す上で「一方的に押しつける」タイプのやり方はやる気の阻害になります。
もちろん、能力あるオーナーさんが考えたアイデアを実行すれば、効率よく動けるかも知れません。売上も上がるかも知れません。

しかし、それではお店とスタッフの心理的な距離も縮まりませんし、店全体が同じ方向を見つめる、ということもかないません。効果的ではなくても、斬新ではなくてもスタッフがアイデアを出すことによって、同じ方向を見つめることができます。

イベントごとは一つだけではありません。コンビニも一年だけ営業するわけではありません。長い間営業していく上で、スタッフの協力は欠かせない存在です。スタッフに気持ちよく働いてもらったり、楽しく働いてもらうためにいろいろ工夫していくのが、オーナー(店長)の仕事ではないでしょうか。
コンビニ強盗ニュース:
名古屋市でコンビニ強盗 店員の携帯電池パックも奪う(47NEWS)

 24日午前1時40分ごろ、名古屋市名東区のコンビニ「セブン―イレブン名古屋上社4丁目店」に男が押し入り、男性店員(22)に刃物を突き付け「お金を全部出せ」と脅迫、レジから現金約5万円を奪って逃げた。名東署は強盗事件として捜査している。


京都・中京区でコンビニ強盗(産経新聞)

25日午前2時半ごろ、京都市中京区壬生朱雀町のコンビニ「ローソンストア100千本三条店」で、ヘルメットをかぶった男が男性店員(19)に刃物(刃渡り約5センチ)を見せて「金」と脅した。店員がレジを開けると、男は現金約4万円をつかんで逃走。店にいた店員2人にけがはなかった。堀川署は強盗事件として男の行方を追っている。


関連するエントリー
Rashita * 店舗マネジメントの心得 * 13:45 * comments(2) * trackbacks(2)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:45 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

>ゆっきーさん
頑張ってください。多分はじめからすぐうまくはいかないと思うので、徐々に浸透していくように試してみてください。
Comment by Rashita @ 2010/01/26 8:34 AM
勉強になります
次のイベントではスタッフ一丸になれるようやってみます
やはり部下のやる気をださせるのがいい上司ですよね
Comment by ゆっきー @ 2010/01/26 5:11 AM
コメントする









トラックバック

“レジ袋をゴミ袋にすることを禁止、内袋にするのも禁止”で問い合わせ殺到…浜松市【ネットを使って中学生でも稼ぐ】

“レジ袋をゴミ袋にすることを禁止、内袋にするのも禁止”で問い合わせ殺到…浜松市【ネットを使って中学生でも稼ぐ】
From ネットを使って中学生でも稼ぐためのブログメルマガアフィリエイト初心者講座 @ 2010/01/25 9:41 PM

-

管理者の承認待ちトラックバックです。
From - @ 2010/01/25 3:20 PM
このページの先頭へ