<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< タスポ効果が妨げた、コンビニ業界の改革 | main | 第5週 新商品検討 >>

スーパーも行き場のない苦しさ

コンビニも厳しいですが、近しい業態のスーパーも大変厳しいようです。

全国スーパー売上高、21年ぶり13兆円割れ “勝ち組”に顧客流出(産経新聞)

日本チェーンストア協会が22日発表した2009年の全国スーパー売上高は、店舗調整済みの既存店ベースで前年比4・3%減の12兆8349億円となり、1988年以来21年ぶりに13兆円を割り込んだ。前年割れは13年連続のマイナスだった。


食料品は価格競争に巻き込まれ、衣料品はユニクロに奪われ、生活用品はニトリに持って行かれる、という三重苦。突破口が見えてきません。

他業種化への転換を迫られているのはコンビニも同じです。ただ、フランチャイズがメインのコンビニは契約の問題も絡んでくるので早急な業種転換というのが難しいのが現状。その辺の変化への対応のスピード差が響いてくる可能性もあります。

安売りしてもセール品しか売れない、数もあまりうれない、という状況はこの景気環境下の中ではしばらく止まらないように思います。

スーパーの変化とコンビニの変化は今後も注目していきたいところです。

コンビニ強盗ニュース:
コンビニ店長にナイフ、2万7000円奪い逃走(読売新聞)

 21日午前0時55分頃、千葉県袖ヶ浦市蔵波台のコンビニ店「デイリーヤマザキ袖ヶ浦蔵波台店」に男が押し入り、男性店長(59)にナイフを突きつけ、「金を出せ」と脅した。

 男はレジから現金約2万7000円を奪って逃げた。客はおらず、店長にけがはなかった。木更津署が強盗事件として捜査している。


未明のコンビニ店に2人組強盗、3万円奪う(読売新聞)

 22日午前4時頃、埼玉県杉戸町杉戸のコンビニ店「セーブオン杉戸フレッシュタウン店」に、包丁のような刃物を持った2人組の男が押し入り、商品の陳列作業をしていた男性店員(39)の腕をつかんでカウンターに連れて行き、店員が開けたレジから現金約3万円を奪って逃走した。

 店内に客はおらず、店員にけがはなかった。杉戸署は強盗事件として捜査している。
関連するエントリー
Rashita * 小売・流通 * 15:16 * comments(2) * trackbacks(1)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 15:16 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

>ゆっきーさん
警察の方はなかなか難しいですね。深夜の時間帯にパトロールを増やすぐらいしかないのですが、それでも強盗がおこっているところはありますから。

本部が、もうすこしましな防犯装置を全店に設置してそれを広くアピールすれば、多少は「犯罪意欲」が衰えてくれるかもしれません。あるいは24時間営業の見直し、でしょうか。
Comment by Rashita @ 2010/01/23 9:24 AM
大変なのはコンビニだけじゃないですよね
てか今年はいってから強盗多すぎですね警察や本部は早めに対策をたててほしいものです
Comment by ゆっきー @ 2010/01/23 6:10 AM
コメントする









トラックバック

ユニクロ ヒートテック

ユニクロ ヒートテックについて
From ユニクロ ヒートテック @ 2010/01/27 12:18 PM
このページの先頭へ