<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< セブンイレブンの「平成仮面ライダースタンプラリー」について | main | 第3週 新商品検討 >>

1月は恵方寿司:第一回:イベントごとをやる意味

さて、ちょっとオーナーさん(店長さん)向けの情報なんかもメインとして取り上げていこうと思っている今日この頃です。

一月といえばもう恵方寿司ですね。コンビニが主導で普及したこのイベントは一個あたりの販売の金額の低さもあって、イベントとしては取り組みやすいものです。

お歳暮やクリスマスケーキなどはある程度値段が高いので従業員さんにも心理的な抵抗感が生まれやすいですが、恵方寿司だと他の人に進めることもやりやすい面があります。

従業員を巻き込んで何か動き出す初の試みとしては実によいイベントだと思います。
※これ以外だとカウンターフーズのセールもやりやすいです。

とびとびになるかも知れませんが、この恵方寿司の取り組みについての情報などをしばらく更新していきたいと思います。

基本コンセプト


今回は基本となるコンセプトを一つだけ。

これは恵方寿司だけでなく全てのイベントについて言えることです。

それは、


スタッフに動いてもらうこと


この一点です。

人脈もあって、ワンマンタイプのオーナーさんは自分一人で外回りして予約数を稼いでこられる方もおられるでしょう。しかし、それだけに頼るのは止めた方が良いでしょう。
基本は、スタッフです。スタッフが考え、企画し、実行する。オーナーはそれをフォローしていく、というのが一番ベストの形です。

はっきりいってそういうのは面倒です。時間もかかります。そんな時間を使うより自分でやった方が早い、という方もおられるでしょう。確かに短期的な視点ではそうかもしれません。しかし、店全体を成長させる、まとまりを生む、スタッフに責任感を持ってもらう、ということに置いてはオーナーは一歩引いた地点にいるべきです。

ワンマンタイプのオーナーさんがよく口にされる言葉が「アルバイトはほんと仕事できないし」です。でも、そういう先入観があって、最初から仕事を任せていない、というのが実情だったりします。仕事を任せることで責任感を持ち、積極的に仕事をしてくれるアルバイトさんはたくさんいます。もちろんゆっくり時間かけて教えていく必要のあるスタッフもいるでしょう。そういった手間を一つ一つかけていかないと、いつまでたっても店に張り付いておかなければ不安な状況はかわりません。

お店というのはその店の店舗と置いてある商品だけで構成されているわけではありません。その店のスタッフが作る雰囲気というのも構成要素の一つです。むしろその店のスタッフが持つ重要性というのはこの厳しい競争の中でどんどん増してきています。

オーナーさんとスタッフが協力して店を作っていく、という環境作りの第一歩としてこういったイベントを積極的に利用していくのは大変有意義なことだと思います。

とりあえず、今回はこれまでです。次回はスタッフを巻き込むにはどんな方法があるか考えてみたいと思います。

あとがき
※この手の連載が読者受けするかどうか全く不明です。もしあまり人気がなければメルマガの形にしようと思っています。
関連するエントリー
Rashita * 店舗マネジメントの心得 * 15:43 * comments(2) * trackbacks(2)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 15:43 * - * -
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コメント

>ゆっきーさん
どうもありがとうございます。皆さんの反応をうかがってちょっと考えてみたいと思います。
Comment by Rashita @ 2010/01/09 2:24 PM
とても勉強なります
ぜひつづけてください
Comment by ゆっきー @ 2010/01/09 6:37 AM
コメントする









トラックバック

お歳暮

お歳暮について記事を書いております。まだまだかけだしですが、今後発展予定です。もし、よろしければトラックバックお願いします。
From お歳暮 @ 2010/01/20 5:04 PM

従業員満足度

従業員満足度に関するレポート。
From 従業員満足度 @ 2010/01/12 10:03 AM
このページの先頭へ