<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
| main |  1/390PAGES >>

セブンが、コカ・コーラグループと提携し自販機設置拡大へ

セブン、自販機コンビニ設置拡大 コカ系と提携  :日本経済新聞


セブン―イレブン・ジャパンはコカ・コーラグループと、「自販機コンビニ」と呼ばれる食品自販機の設置を広げる。飲料の自販機と一緒に、オフィスや工場に設置を提案する。店舗と店舗の間の「隙間」にも、コンビニの需要があると判断。店舗を設けるスペースがないオフィス内などを開拓し、潜在的な需要を売り上げにつなげる。


コンビニの自販機設置はすでに起きている流れなので特筆すべきことはあまりありませんが、コカ・コーラグループとタッグを組んだ、という点が、いかにも本気だぞ、という感触受けます。なにせ自販機設置の営業は、コカ・コーラの得意分野でしょうから、今度はどんどん設置台数は増えていくでしょう。


セブンは17年に自販機の設置を始めた。7月末現在で全国に175台を設置しており、18年度末までに全国で500台以上を設置する計画を掲げる。コカ・コーラとの提携で設置拡大に弾みをつけ、19年度末までに1千台に拡大する。20年度以降も毎年500台以上の設置を進める考えだ。


現在はまだ200台にも満たない台数ですが、「19年度末までに1千台」で、以降も毎年500台以上を設置していく計画のようで、なかなか鼻息荒い状況です。

で、自動販売機は設置したらそれで終わりというわけではなく、常なる補充が必要となるわけですが、それはどうするかというと、最寄りの加盟店が担当するようです。


売り上げは自販機を設置した最寄りの加盟店のものとし、商品の補充や代金の回収も加盟店が担う。


まあ、昔はコンビニの店舗外にタバコの自動販売機があるのは珍しいことではありませんでしたし、その延長戦にあると言ってもよいでしょう。ただし、「最寄り」というのがどのくらいの距離になるのか、補充の頻度はどのくらいなのか、という点は気になります。それによって、加盟店の負担は大きく変わってくるので。

特に重要なのは、代金の回収という直接お金を扱う仕事な点であり、スタッフの誰でもに任せられるわけではないでしょう。最悪オーナーの仕事とかになって、はたして売上げアップ分の利益が上がっているのかわからない、みたいな状況になることもできます。まあ、オーナーが動いているうちは「人件費」として上がってこないので、うまい施策に見えるのかもしれませんが、そういうのはもう少しずつ無理になってきているよ、というのが最近のコンビニ業界の流れだったと思うので、その辺がどうなるのかは興味深いところです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:00 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

セブンが、セミセルフレジを試験導入

半セルフのコンビニレジ、セブンが試験導入  :日本経済新聞



セブン―イレブン・ジャパンは10日、利用客が専用の支払機に代金を入れて精算する「セミセルフレジ」を都内の直営店に導入した。初期のテスト段階で、今後の拡大計画などは未定という。利用客の待ち時間削減や従業員の作業負荷の軽減につながるかを検証するとみられる。


ほぉ〜、という感じです。セミセルフレジとは、バーコードスキャンと袋詰めはこれまで通り店員さんがやるものの、お会計処理に関しては支払機でお客さんが自分でやる、というもの。最近スーパーとかでも近いものが導入されていますね。

ほとんど間違いなくレジの回転率は上がるのですが、それはそれとしてセブンさんがこういう試みを行うのは以外な気がします。なんとなく、「人間の接客」に重きを置いている気がするので。まあ、店舗によっては忙しすぎてそれどころではない、というお店もあるでしょうから、こういう施策を限定的に導入していくのはよいのかもしれません。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 09:49 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ローソン銀行に免許が交付

着々と準備は進んでいるようです。

金融庁、ローソン銀に免許交付 担当相「新しい試みを期待」 - ITmedia ビジネスオンライン


金融庁は10日、ローソン銀行に銀行業の免許を交付した。麻生太郎金融担当相は免許交付式で、大和ネクスト銀行以来7年ぶりの銀行免許になることを踏まえ、「銀行業務は変わってきている。金融業務、利用者利便などでいろいろ新しい試みをしていただくよう期待している」と述べた。ローソン銀の山下雅史代表取締役社長は、期待に応えていきたいと応じた。


あとは、実際にどんな形の銀行になるかですが、それは徐々に明らかになってくるでしょう。最近のローソンさんは売上げがあまり好調とは言えないので、起爆剤となってくれればよいのですが。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 13:32 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

2018年67月、コンビニ売上げ

というわけで7月の売上げデータです。

コンビニ/7月既存店セブン1.6%増、ファミマ1.1%減、ローソン2.6%減(2018.08.10)|流通ニュース


コンビニエンスストア各社が発表した7月の営業実績によると、既存店売上高はセブン−イレブンのみ前年同月比1.6%増、ローソン2.6%減、ファミリーマート0.9%減、ミニストップ0.5%減とダウンし、明暗を分けた。


セブンがプラスということで、なかなか良いお知らせですが、その他のコンビニはマイナスで、しかもローソンの下げ幅は少し大きいですね。気になるところです。

でもって、あいかわらず客数はすべて減少。


セブン-イレブン0.4%減、ファミリーマート1.8%減、ローソン2.8%減、ミニストップ1.9%減


前年同月のマイナスが続いております。もちろん、7月は台風の影響など、売上げのマイナス要因が多かったので、プラスになっていないのは仕方がない面もありますが、全体の傾向としては低調が続いています。

セブンのように、他社もプラスに切り返せるのか。注目です。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 09:30 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

さらなるLED投入

小ネタです。

コンビニ各社、LED最新型に 節電一段と、ローソン5千店切り替え  :日本経済新聞



コンビニエンスストア各社が発光ダイオード(LED)照明の交換を進めている。ローソンでは2018年度に全体の3割超の約5千店で最新型に切り替える。コンビニでは11年の東日本大震災後に節電意識の高まりを受けてLED照明が普及した。初期に導入したLEDを切り替えることで、使用電力や電気料の一段の削減につなげる。


すでにコンビニの店舗ではLEDの導入が進んでいますが、それをさらに最新型のものに切り替える動きがあるようです。もちろん、その方が省電効果が高いからでしょう。

ローソンでは、1店あたり月1万2千円程度の削減が見込まれているようで、こうして浮かした部分を人件費に投入できるようになるのは悪いことではありません。売上げを一気に上げるのが難しくなってきている環境では、こうした経費の削減は大切なことですね。もちろん、人件費には手を付けないで、ということですが。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:45 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コンビニのウナギ

というわけで波乱含みのウナギですが、実際売上げはどうだったのでしょうか。

コンビニ各社の鰻重の売れ行き | ビジネスジャーナル


販売数量は公表しておりませんが、一の丑、二の丑ともに昨年並みと聞いております。



販売数量については公表しておりませんが、前年比ではウナギ4品で対前年比120%弱になります。



販売数量は非公表ですが、前年並みとなっております。


各社見事に非公表です。コーヒーやデザートなどではバンバン総合売上げを発表するのに比べると、実に消極的ですね。まあ、世間の風潮的に「ウナギを売るのってどうなの?」みたいな雰囲気があるので、「すごく、売ってます!」みたいなものは言いづらいのかもしれません。

それはそれとして、私の近所のコンビニではあまり在庫もなく、夜にはすっかり姿がないお店もありました。前年並みだった、という声が大きいのですが、前年の売上げに合わせるかたちで、それより在庫を積み増すことはあまりなかったのでしょう。単価も高いので、それは仕方がないかと思います。

でもって、しばらくはじわじわと下火になっていくのでしょう。たぶんそれは良いことなのだとも思います。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 14:21 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

商品買い取り強制はよろしくありません

店員に商品買い取り強制 札幌のコンビニ7店 季節品の売れ残り減らす:どうしん電子版(北海道新聞)


個人加盟できる若者向け労働組合「さっぽろ青年ユニオン」(札幌)は、コンビニエンスストアのオーナー側が季節商品の売れ残りを減らすため、店員に買い取りを強制する例が相次いでいるとして、札幌市内のコンビニの店員に初めて調査を行った。店員が有効回答を寄せた89店舗のうち7店舗(7・9%)で強制が分かった。同組合は「判明したのは氷山の一角」とし、強制しないよう求める署名を同市内の店舗に渡す。


ネットでもたまに話題になりますが、買い取りの強制の実態があったようです。これって、労働基準法的にどうなんでしょうか。問題あるならば、そちらへの報告というのもありえそうです。

が、それはそれにして、


過去に札幌のコンビニで買い取りを強制された同組合員のアルバイト男性(19)は「商品の売れ残りは、発注数を決めたバイトのせいにされる。不満を言えば辞めさせられるかもしれず不安で、買い取りを拒否できなかった」と話す。


というのは本当に大きな問題なので、ぜひともどのお店も買い取りの強制や、それに近い威圧行為はやめましょう。ますます、「コンビニのアルバイトなんて」という風評が広がってしまいますので。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:33 * comments(2) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ドンキの小型店「ピカソ」が目黒駅付近に

コンビニではありませんが。

ドンキの小型店「ピカソ」、目黒駅近に出店 事務用品・弁当など充実 - ITmedia ビジネスオンライン


ドン・キホーテは8月6日、小型店「ピカソ」の新店舗「ピカソ目黒駅前店」(目黒区)を24日にオープンすると発表した。JR目黒駅西口から徒歩約2分の距離に位置し、事務用品、弁当、総菜、生鮮食品、日用消耗品などを取り扱う。他業態も含め、同区内では2店目となる。


ドン・キホーテの小型店「ピカソ」です。それにしてもネーミングセンスが独特ですね。「事務用品、弁当、総菜、生鮮食品、日用消耗品」を取り扱うらしく、24時間営業ということで、結構コンビニ感があります。細かいサービス等で違いはあるのでしょうが、強力なライバルであることは間違いなさそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * 小売・流通 * 12:38 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

新しいモデルは?

コンビニの「必勝パターン」に立ちこめる暗雲 | コンビニ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準


FC(フランチャイジー)を抱えるコンビニからすれば、FCでの客数減少を客単価の上昇で補うことができなければ、FCの離反も招きかねない。そうなれば、コンビニのビジネスモデルの根幹を揺るがしかねない事態なのである。


基本的にはここが課題なのでしょう。店舗数が増えてオーナーがたくさん必要になっているのに。売上げ不振ではオーナーにアピールすることはできません。だからこそ、個人ではなく企業に複数店舗を運営してもらう事例も増えてきているのでしょう。

売上げ不振が続くのならば、契約更新も減っていくでしょうし、ズルズルとジリ貧になっていく可能性もあります。2020年くらいまでは、まだ持ちこたえるでしょうが、その後どうなるかはまったくわかりません。

細かい課題に対しては各社施策を打ってきている印象はありますが、全体としてのビジネスモデルの行き詰まりについてはどうなのでしょうか。気がついたら打つ手無し、という状況にならないことを願うばかりです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 13:56 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

セーブオン、全店閉店or看板替えへ

コンビニ:群馬の「セーブオン」8月で全店閉店 - 毎日新聞


群馬県が地盤の中堅コンビニチェーン「セーブオン」(前橋市)は、県内159店舗を今月31日にすべて閉店すると発表した。


まあ、既定路線ではあります。群馬県外のセーブオンはローソンへの看板替えか閉店になっており、それが全店規模で実施されるだけです。独自の看板を維持するような意味合いもそれほど強くはないのでしょう。地元では親しまれているのでしょうが、親しまれていても売上げがあがっていなければ経営はできません。

というわけで、大手三社以外のコンビニはどんどんなくなっていき、多様性が失われていくわけですが、大手三社の中でコンビニの分化が進んでいるので、それがどんな結果をもたらすのかについてはなかなか興味があります。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:49 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools
このページの先頭へ