<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
| main |  1/380PAGES >>

2018年3月、コンビニ売上げ

3月のコンビニ売上高、3カ月連続増 中食など好調 :日本経済新聞


日本フランチャイズチェーン協会(東京・港)が20日発表した3月のコンビニエンスストアの既存店売上高(速報値)は、前年同月比1.3%増の8026億円だった。前年の実績を上回るのは3カ月連続。花見などの行楽需要を背景にカウンター商材や調理麺、総菜などの中食が好調だった。全国的に気温が高かったことで飲料やアイスクリームも伸びた。


速報値ではありますが、既存店の前年同月比は+1.3%となかなか好調だったようです。気温も高かったので、いろいろ売れ行きは良かったのでしょう。ただ、来客数は-0.6%で、25カ月連続のマイナスです。おそらく、店舗数の増加が続いている間は、この傾向が続くでしょう。でもって、下げ止まっても、プラスの連続に転じることは結構厳しいのではないかと思います。

というわけで、お店としては、そういう流れとは別のところでお客さんを引き寄せて、一品でも多く買ってもらえる努力をするしかないですね。まあ、基本は変わらない、ということで。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:25 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

伊藤忠がユニー・ファミマを子会社化へ

伊藤忠、ユニー・ファミマを子会社化 1200億円出資 :日本経済新聞


伊藤忠商事は19日、持ち分法適用会社のユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)を子会社にすると発表した。株式公開買い付け(TOB)で出資比率を約41.5%から50.1%に引き上げる。


すでにローソンは三菱商事の子会社になっているわけですが、今度は伊藤忠商事がユニー・ファミマを子会社化です。もともとの出資比率が41.5%だったのを50.1%ということで、最後の一押しといったところでしょうか。一応子会社化後でも、上場は維持される見込みのようです。

よりいっそうの連携強化ということなのでしょうが、逆に言えばそうしなければならないほど今後は厳しくなっていく、という風にも捉えられます。さてさて、どんな変化が訪れるのでしょうか。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:28 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

セブンで民泊の鍵が受け取れるサービス

セブンで民泊チェックイン 1千店で鍵渡しなど可能に:朝日新聞デジタル


コンビニエンスストア大手のセブン―イレブン・ジャパンは6月から、一部の店舗に専用端末を置き、民泊利用者の本人確認や鍵の受け渡しができるようにする。JTBとの共同の取り組みで、訪日客が多く訪れる大阪や札幌などの主要都市の1千店で展開する予定だ。


たしか以前、簡単に紹介したサービスですが、6月からいよいよスタートする模様です。個人的には、どうやって利用客の方の確認というか認証をするのかなと思っていたのですが、専用端末があり、それがJTBさんとつながっているみたいです。ようするに遠隔で人間が確認するわけですね。24時間対応なのかどうかわかりませんがだったらとしたら、お疲れ様です。

何をどう考えても、ややこしそうなトラブルがたまに発生しそうな気がしないではありませんが、鍵を受け取った人は高確率でそのコンビニで買い物をしていくでしょうから、一応お店の売上げには貢献しそうな気がします。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:01 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

福井県のセブンオーナーが、豪雪時に営業停止を認められず

豪雪時コンビニ休業要請認められず 県内オーナー50時間勤務訴え | 社会,経済 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE


福井県内が記録的な大雪に見舞われた2月、コンビニ「セブン―イレブン・ジャパン」加盟店の男性オーナーが、本部に営業停止を要請したものの認められず、約50時間にわたって勤務したと訴えていることが4月17日、分かった。全国のコンビニのフランチャイズ加盟店経営者でつくる「コンビニ加盟店ユニオン」(本部岡山市)が今月11日、中央労働委員会の審問で明らかにした。


記事を見る限りでは、何かの裁判というわけではないようですが、状況によっては変わってくるかもしれません。

ちなみに、


本部とオーナーが結ぶ契約書には通常時の営業時間などが記されているが、災害時の対応についてはマニュアルで「営業が困難な場合は、人命を最優先にオーナーが判断する」


とあって、これは逆から見れば「営業が困難と判断されない限り24時間営業を続けなければならない」ということです。もし、これからオーナーをやるぞ、と考えておられる方はしっかり認識しておいた方がよいでしょう。

あと、この件で悲痛なのは以下の部分です。



同日夜に妻が体調を崩し、オーナーは119番通報。救急隊員から同行を求められたが、他に店員はおらず、勝手に店を閉めると本部から契約を解除されるとの不安があり、店に残って営業を続けた


本当に契約解除されるかどうかはともかく、そのような不安をオーナー家族が持っている、という点が重要ですね。セブンというかコンビニとの「契約」関係というものは、そのようなものです。

最低限、それだけの心構えは必要でしょう。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:49 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ローソンの「新卒起業家育成制度」が実に太っ腹です

「新卒でコンビニオーナーに」ローソンが「新卒起業家育成制度」開始 オーナーになるまでは月額25万円支給で生活保証 | キャリコネニュース



ローソンが2019年卒採用から「新卒起業家育成制度」を始めた。採用者は契約社員として入社し、2か月間実店舗で業務を覚えた後、所定の試験に合格すればフランチャイズ店のオーナーとして働くことができる。


ローソンに契約社員として入社し、二ヶ月間の実店舗による研修を経て、試験に合格すればオーナーになれる、という制度のようです。

契約社員の間は固定給で25万円が支払われ、年二回の賞与も出て、年間休日は112日。いや〜、至れりつくせりですね。

しかもです。普通なら開業にかかる費用100万円が免除されるだけでなく、逆に「FC加盟奨励金」として100万円がもらえるという太っ腹な施策。開業時には在庫を作るためにお金が必要なので助かりますね。

で、「新卒」とあっても、既卒者もOKで、学歴も不問。なんでもあり。

というわけで、資本が手元に何もない人がコンビニオーナーを目指すならぴったりな施策ですね。そこまで、オーナー不足が深刻なのだ、という話でもあるわけですが。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:31 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

コカ・コーラシステムが九州からでチューハイ展開

以前紹介したコカコーラ社によるアルコール飲料がついに発売されるようです。

コカ・コーラがお酒を発売 チューハイで“新たな挑戦”の狙いは - ITmedia ビジネスオンライン


コカ・コーラシステムは4月13日、缶チューハイ「檸檬堂 定番レモン」「檸檬堂 塩レモン」「檸檬堂 はちみつレモン」を5月28日に九州限定で発売すると発表した。


まずは九州限定発売ということで、いわゆるパイロット施策ですね。試験的、実験的な販売です。それを象徴するのが三種類のアルコール度数で、それぞれ7%,5%,3%とバラバラです。ライトな飲みやすい度数から、やや高めの度数までをとりあえず売ってみることで、市場の反応がどれくらいあるのかを探るのでしょう。

その結果を経て、今後の商品開発や展開について検討されるのだと思います。だからたぶん、全国展開になるときは、このままのラインナップということはないのではないかと推測しますが、はたしてどうなることでしょうか。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:12 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

東京労働局がFC店の法令遵守に注力

コンビニチェーン FC店の96%が法違反 違法時間外は6割に 東京労働局|労働新聞ニュース|労働新聞社


9年度に実施した監督指導では、対象事業場の約96%で法違反が発覚した。違法な時間外労働が6割近くに上ったほか、定期健康診断の未実施も5割を超えている。


結果、個別監督指導と集団指導を集中的に実施されるようです。「違法な時間外労働」というのは、いわゆるサービス残業などを指すのでしょうか。あるいは働きすぎ(働かせすぎ)の方かもしれません。

この法違反がどの程度の規模の話なのかはわかりませんが、そこが是正されるとしたら、当然のように経費はアップするわけですね。むしろ、法違反によってなんとかコストを抑えていた、という状況があるのかもしれません。

なんだかんだで、今のコンビニ業界で「見えていない数字」はまだまだありそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:26 * comments(2) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ローソンが、ローソンスマホペイの実証実験を発表

店内ならどこでも決済できる「ローソンスマホペイ」--深夜帯のレジ無人化の実験も - CNET Japan


 ローソンは4月11日、東京都内の3店舗にて、スマートフォンアプリを使用したセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験を、4月23日〜5月31日までの期間限定で開始すると発表した。


セブンも、スマートフォンによる決済を発表していましたが、ローソンも「ローソンスホペイ」なるものの実証実験を発表しています。

これがなかなか面白いサービスで、専用のアプリを使えば、レジにいかなくても決済できるという優れもの。退店時に店頭にある読み取り機にQRコードをかざせば決済完了を確認できるとのこと。つまりレジが混んでいても、ぱぱっとソフトドリンクをゲットし、スマホで支払いを済ませて出て行けるわけです。

とは言え、万引きの心配などもあるでしょうから、すべてのお店に有効かどうかはわかりません。ただ、客数が多く、平均の買い物点数が少ないような回転率が重要なお店ならば、効果を発揮しそうです。

当面は、ローソン晴海トリトンスクエア店、ローソン大井店、ローソンゲートシティ大崎店の三店で実証実験が進められるとのこと。この辺はいろいろな試行錯誤が進んでいますね。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 15:16 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ユニー・ファミマ、2019年2月期の見通し

ユニー・ファミマ、19年2月期の営業益は2.4倍予想 コンビニ統合寄与 | ロイター発 新着ニュース | ダイヤモンド・オンライン


ユニー・ファミリーマートホールディングス<8028.T>は11日、2019年2月期の連結営業利益(国際会計基準)が同2.4倍の685億円になるとの見通しを発表した。店舗閉鎖などの費用が減少するほか、「サークルK」と「サンクス」のファミリーマートへの店舗転換が寄与する。本業のもうけを表す事業利益は同16.7%増の773億円の計画。


いろいろ景気の良い数字が踊っていますが、単純に看板替えが進捗し、徐々に終わりが近づいてきている、ということでしょう。看板替えした店舗は、一割ほど売上げがアップしていると書かれていて、それは実に喜ばしいことですが、もちろんそれでセブンとの差が大きく縮まるわけではありません。

よって、看板替えが一段落した後の売上げ推移が重要となってきます。幸いなことにファミマは既存店への投資を決めているようで、そこには期待が持てますね。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:55 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ファミマが既存店に投資

ファミマ、全店を「稼げる店」に 省力化600億円 :日本経済新聞


コンビニエンスストア各社が少ない人手でも効率的に作業ができる店舗づくりを進める。ファミリーマートは全1万7千店で商品を並べやすいスライド式の陳列棚などの省力化設備を導入する。2019年2月期の既存店の投資額を前期に比べ2倍の600億円超に引き上げる。各社とも客数が伸び悩む中で人手不足感も強い。働きやすい環境を整えて競争力の向上につなげる。


看板替えにかかる投資もそろそろ落ち着きをみせるということで、次は既存店への投資が進められるようです。喜ばしいかぎりです。

記事で紹介されているのは、引き出せる商品棚やフライヤーの増強といったところ。検品作業の効率化も進められるようです。たぶんこれはICタグ関係なのでしょう。

もちろん、こうしたことを実施したところで目先の売上げがあがるわけではありませんが、それでもスタッフの負担が減ることで、接客や売り場メンテナンスが向上し、それが地味に売上げを作っていくことは考えられます。

今後爆発的拡大を期待するのは難しそうなので、そういう地味なところから着実に手を付けていく必要はあるでしょう。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:38 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools
このページの先頭へ