<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
| main |  1/372PAGES >>

ドコモが新決済サービス「d払い」を4月からスタートし、ローソンが対応

ドコモが新しい決済サービスを始めるようです。

NTTドコモが新決済サービス「d払い」発表 - 4月から開始 [T-SITE]


NTTドコモがスマートフォンを使った新しい決済サービス「d払い」を4月から開始すると発表した。同サービスは、QRコードなどの2次元バーコードを利用して店頭で支払いを行うというもので、携帯電話料金と合算する「ドコモケータイ払い」を利用して支払いできる点が特徴だ。


バーコードを使った決済ということでLINE Payや楽天ペイと似たようなサービスなわけですが、支払いがドコモケータイ払いで行われるため、ドコモユーザーならば特別な設定なしに利用開始できるのが強みかもしれません。すでに抱えている顧客の多さと、利便性の高さは一気に広がる可能性を持っています。

で、その支払いにローソンが対応するとのこと。その辺の思惑については、以下の記事にまとめがありますが、

ローソンが新しい決済をどんどん取り入れる理由 - ケータイ Watch

混雑の解消、顧客データの積極的収集、そして現金管理コストの低減などが狙いにあるようです。で、たしかにこうした決済サービスを使う人が増えれば、店内に存在するお金の額も減り、強盗さんが狙ううまみみたいなものも減ってくる(可能性がある)ので、悪くない施策だとは思います。まあ、ますますレジ業務がややこしくなる可能性はありますが。


JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:37 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ローソンが、健康志向客層向けの実験店舗

健康づくりを支援するコンビニ、ローソンが実験店 :日本経済新聞


コンビニエンスストアのローソンは健康な体づくりを支援する店舗を展開する。16日、糖質を抑えたサラダや飲料を組み合わせたセットメニューを用意し、体内の老化物資を測定する機器を設置した実験店舗を開いた。


ローソンの実験店舗です。営業は2月24日まで。

これからのコンビニは客数の増加は望みにくいので、当然客単価アップが課題となってくるわけですが、「健康」というキーワードでそれを行うための情報収集がこの実験店舗の目的でしょう。もちろんニーズとしては健康系の食品は売れるわけですが、コンビニのこれまでの利用客層はあまり健康には気を遣わない人が多かったので、まだまだ情報不足ではあるでしょう。その情報ギャップをこの実験店舗で埋められるのかが、気になるところです。

で、店舗には管理栄養士の資格を持つ店長さんが配置されるようで、お客さんに食生活に関するアドバイスなんかもするみたいです。こういうサービスの提供も、これからの「便利さ」となっていくのかもしれません。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 13:18 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ドンキ×ユニーの新店舗

小ネタです。

店名「ユニー」9年ぶり復活=ドンキとの新業態−ユニー・ファミマ:時事ドットコム


ユニー・ファミリーマートホールディングスは11日、傘下のユニーと提携先のドンキホーテホールディングスが共同で出店する新業態の店舗名を「MEGA(メガ)ドン・キホーテUNY(ユニー)」にすると発表した。店舗名に「ユニー」が入るのは2009年以来9年ぶり。


ユニーの名前が入った店舗が出店するのは9年ぶりとのこと。とにかくGMSは不振が続いていますので、このドンキとのコラボ店舗で巻き返しを図りたいところではありますが、はたしてどうなることでしょうか。

とは言え、記事にある外観イメージを見る限りではもはやまるっきりドンキなのでGMSの復権と言えるかどうかは微妙なところですが。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:01 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

2017年12月、コンビニ売上げ

というわけで、各社の12月の売上げです。

コンビニ/12月既存店売上、セブン0.4%増、ファミマとローソン前年割れ(2018.01.12)|流通ニュース


コンビニエンスストア各社が発表した12月の営業実績によると、既存店売上高はセブン−イレブン前年同月比0.4%増、ファミリーマート0.9%減、ローソン1.0%減、ミニストップ前年並みとなった。


既存店ベースで見ると、軒並み苦戦しています。セブンはプラスに切り返してはいますが、0.4%とギリギリのプラス。楽観できる数字ではありません。ファミマ、ローソンもそれぞれ約1%減と芳しくない結果です。

さらに、客数に関しては4社とも前年割れ。明らかに厳しい情勢です。一応客単価増でカバーはしていますが、このまま客数減が続けば、どこまで対応できるのかは気になるところです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:38 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ローソンが、一般医薬品を扱う店舗を増強

ローソン、薬販売900店で ドラッグ店と客争奪 :日本経済新聞


ローソンは2021年度末までに一般用医薬品を扱う店舗を5倍の900店に増やす。風邪薬など500品を販売し、女性やシニアなどドラッグストアの利用客を取り込む。一方でドラッグ店も24時間営業を増やすなどコンビニエンスストアの客を奪っている。人口減やネット通販の伸長で実店舗の売上高が伸び悩むなか、業態の垣根を越えた競争が一段と激しくなる。


これまでも、似たような動きはありましたが、結局店舗数が拡大することはありませんでした。しかし、今回のこのローソンの動きはかなり本気のようです。

現在の170店舗から900店舗を目指すというのもなかなか大規模ですが、単に計画だけでなく登録販売者の拡充施策もしっかり行われている様子。


ローソンでは加盟店の従業員1300人が登録販売者の試験に合格している。17年は本社が試験対策の講座を350回開催し、600人が試験を通過した。18年は70回開く予定の講座の1回あたりの規模を拡大するほか通信講座も開設する。今後も年400人規模の合格を目指す。


医薬品販売の一番のキモは、この登録販売者が確保できるかどうかデスので、すでに大きな人数を確保しているローソンは、次のステップに進めるのでしょう。

しかし、もう一つのキモがあって、それは人件費が上がるのに見合う利益が獲得できるのか、という点です。現状では医薬品販売店は、ついで買いなどの効果もあって売上げ増にはなっているようですが、このまま医薬品販売店舗が増えていったときに、そこで売上げの分散が起きないかどうか、という点が気になるところです。

まあ、900店舗程度ではそうした競合はまだ起きないでしょうが、全店舗の一割を超えだしたらどうなるかはわかりません。その辺も踏まえて評価したいところではあります。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 13:24 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

マクドナルド、カフェラテを値下げ

小ネタではありますが。

マクドナルド、カフェラテを値下げ コンビニに対抗:朝日新聞デジタル



日本マクドナルドは11日、ドリンクメニューの「カフェラテ」をリニューアルし、これまでの税込み200円を150円に値下げすると発表した。15日から全2900店の大半で売り出す。コンビニと同じ価格にして対抗する。「ビッグマック」などは単品価格を10円値上げする。


200円から150円の値下げということで、値下げ幅は非常に大きいですね。

で、セブンの「ホットカフェラテ R」がちょうと150円ですし、ローソンとファミリマートの「カフェラテ(M)」も150円なので、それに揃えてきた感じでしょう。

逆に言えば、カフェラテという商材が集客において重要性を持つという認識の表明だとも捉えられます。

50円の値下げは利益で見ると結構影響が大きそうですが、それでも客数アップにつながり、もう一、二品のオーダーにつながるならペイはできるのでしょう。

というわけで、今後もコンビニとマクドナルドの競争は続きそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * 小売・流通 * 12:46 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

米セブンで、不法滞在の一斉捜査

米当局、セブンイレブン約100店舗を一斉捜査 不法移民21人を拘束


[10日 ロイター] - 米移民税関捜査局(ICE)は10日、国内17州とコロンビア特別区にあるコンビニエンスストア「セブンイレブン(7-Eleven)」合計98店を一斉捜査し、不法滞在の疑いで従業員21人の身柄を拘束した。


アメリカの話なのですが、似たような話は、日本でも今後増えていくのではないかというような予感はあります。アメリカの方の事情はわかりませんが、日本であれば、やはり人手不足・人件費の高騰がそのトリガーとなるのでしょう。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:37 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

「ネットプリントサービス lite」が開始

小ネタです。

ASCII.jp:セブン-イレブンのネットプリントが利用登録なしで使用可能に!


富士ゼロックスは1月9日、全国のセブン‐イレブン店舗に設置しているマルチコピー機で、ネット経由で登録したファイルが印刷できる「ネットプリントサービス lite」を発表した。1月10日の15時からサービスの提供を開始する。


もちろん同種のサービスは前からあったわけですが、今回は「ネットプリントサービス lite」とliteがついていて、ようするに簡易版です。「利用者は氏名やメールアドレスなどの事前登録をせずにファイルをプリントできる」というので、簡単に使えるようです。

で、私は家にプリンタを持たず、ほぼほぼこのネットプリントに頼っているので、こういう広まりはありがたいですね。あるいは、逆に「ネットプリントサービス pro」とか作って、毎月定額支払えれば、○○枚まで印刷し放題、みたいなサービスが出てきても嬉しいかもしれません。個人的には。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 13:31 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

2018年のローソンの目標

竹増貞信「2018年は変化の年に」<コンビニ百里の道をゆく> 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)


18年は、振り返ったときに「ローソンはこの年から変わった」と思ってもらえる年にしたい。いつ行っても笑顔にあふれ、安心感とワクワク感のある商品が店内中に並んでいる。お客さまはもちろん、加盟店のみなさんからも「変わった」と言われるように商品力、店舗の改革を進めます。


二つ目標が掲げられていまして、一つが上記の「変化の年にする」ということと、もう一つが「デジタル元年」です。いやいやコンビニとデジタルなんてもう切っても切れないくらいに結び付いちゃっているよ、という気がしないではありませんが、レジロボットなどで"「レジに並ぶ」というストレスをできる限り解消したい"という思いがあるようです。まあ、そんなに対したストレスだとも思えませんが、お客さんの回転率が上がるのはよいことですね。それにともなって、スタッフの仕事の負荷が減るならなおさらグッドです。

一方以下のような動きもあります。

お客様の声を募る「ローソンのこれからのお店をつくろうプロジェクト」開始!|株式会社Blaboのプレスリリース



お客様が“わたしのほしい”を伝え、そのアイデアを元にローソンの店舗を進化させていくことで、ユーザーイノベーションを推進してまいります。


こういうのって、なんとなくあまりうまくいかない印象がありますが、これもまたデジタルによって顧客との結びつきを強めようという施策ではあるでしょう。それにしても、ここで上がってきた声と、ビッグデータから得られた方針が齟齬をきたした場合、どちらを優先させるのでしょうね。その辺が気になります。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 13:33 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

スマートフォンを使ってコンビニで納税できるシステムが

スマホでコンビニ納税19年から 財務省・国税庁 :日本経済新聞


2019年1月から、スマートフォン(スマホ)などを使い、コンビニエンスストアで納税できるようになる。スマホやタブレット端末などで手続きを簡素にし、電子申告・納税の利用を促す。納税者らの利便性を高めるほか、税務署の納付書の宛先確認や郵送といった業務の削減を目指す。


実際は2019年の1月からなので、来年の話ですが、コンビニで所得税や法人税が支払えるようになるとのこと。今回主に想定されている利用者は個人事業主や法人で、税務署にいかなくても電子申告+コンビニで納材が完結する状態を目指すとのことです。

その意味で、広く利用されるかはわかりませんが、シーズン時の税務署の混み具合が緩和されるなら、それはそれでめでたいことです。ほんとに。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:52 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools
このページの先頭へ