<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
| main |  1/367PAGES >>

イオンが成人誌販売を中止の方針

イオン、成人誌販売中止 18年1月から全国7千店で  :日本経済新聞



イオンが成人向け雑誌の販売を中止する方針を固めたことが21日、分かった。書店を含め、雑誌を扱うグループの全国7千店で、来年1月から販売をやめる。傘下のコンビニ「ミニストップ」が12月から千葉市内で先行して取り組む。


イオンのグループ店舗ということで、ミニストップはもちろんのこと、未来屋書店やインターネットでの販売も中止になるようです。

街中のコンビニから成人誌が消えることには一定の意義があるのかもしれませんが、気になるのはこうした取り扱い対象の品目が今後広がっていくのかどうか、ということと、他のチェーンがどのように対応してくるのか、ということです。

後者に関しては、すでに成人誌を置いていないコンビニはたくさんあるにしても、チェーンの方針としてとなると話は変わってきます。

全体として売上げに対する雑誌の存在感が年々下がってきていることも考えると、似たような方針がもしかしたら出てくるのかもしれません。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 10:52 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

セブンが、シェア自転車サービスを展開

セブン、シェア自転車1000店で 5000台、店舗網を活用 :日本経済新聞


セブン―イレブン・ジャパンは自社のコンビニエンスストアを自転車のシェアサービス拠点として活用、全国展開する。ソフトバンクと今月から開始し、2018年度末までに千店に5千台配置する。同サービスは中国勢が先行するが、セブンの立地のよさを生かして巻き返す。ニーズに応じて拠点の増設も検討、シェア自転車(総合2面きょうのことば)の普及が国内で一気に進みそうだ。


セブンの新サービスです。店舗を自転車のシェアサービス拠点として活用するようですが、店舗での支払いは不要なようで、純粋な意味での「来店動機」につながるかは不明ですが、まあ、このサービスを利用するなら店内での買い物も誘発されやすくはないでしょう。

でもって、売上げが伸びにくくなっているのですから、こうしたサービスとの連携でなんとか、数字を作っていくしかない、という状況でもありそうです。

一応は全国展開を目指していくようですが、都市部以外ではたいした需要は見込めそうにありませんが、その辺はどうなんでしょうね。

ともあれ、ドミナント展開するコンビニならでは、という感じではあります。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 12:25 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ファミリマートのおぎにりランキングが面白かった

小ネタです。

ファミリーマート 最強の激旨おにぎりベスト7を発表 - ライブドアニュース


料理のプロとお米のプロに、ファミマのおにぎり全21点を食べていただき、ガチ評価を加えていただきました。ひいきのおにぎりの評価はいかなるものか? ぜひご覧ください!


面白いのが、このランキングの上位にいわゆる定番商品があまり入っていないこと。1位は「まるごと半熟煮玉子」ですし、4位には「塩おむすび」が入っています。なかなか渋いラインナップです。

これはこれで、こうして紹介してもらえることで普段なら手に取らないお客さんが手を伸ばしてくれる可能性もあるわけですが、それとは別に、「どこのチェーンよりも圧倒的に美味しいシーチキン」とか作ったら、それはそれでアピールポイントになるのではないか、という気がしてきました。「極上の定番商品」という感じ。

おにぎりというのは、コンビニでも主力商品なわけですが、定番アイテムとなるとどこのチェーンも大きな差はあまりありません。まあ、単価を上げづらいので注力にも限界はあるでしょうが、ひとつの差別化要因にはなりそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:12 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ミニストップのベルギーチョコソフトが人気のようで

小ネタです。

ミニストップ/ベルギーチョコソフトが1秒に1個以上売れる大ヒット(2017.11.17)|流通ニュース



ミニストップは11月17日、「ベルギーチョコソフト」シリーズが、「1秒に1個以上」の販売を記録するヒット商品となった、と発表した。


「1秒に1個以上」がどれだけ多いのかはわかりませんが、人気商品ではあるようです。ミニストップは、こういうところで安定感ある商品開発を続けていますね。案外ホットスナックとかも美味しいものが多いですし。大手三社二に比べると地味な印象ですが、ミニストップさんも頑張って欲しいところです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:22 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ローソン、カービィまんを発売

最近では、冬場になると一つや二つくらい「キャクターまん」が発売されていますが、今回はカービィです。

ローソンが「カービィまん」発売 25周年記念でコラボ - ITmedia ビジネスオンライン


 ローソンは、任天堂の人気ゲーム「星のカービィ」シリーズとコラボした中華まん「カービィまん マキシムチキントマト味」を11月21日に発売する。同シリーズの25周年を記念したキャンペーンの一環。


もともとの造形から言って非常に違和感ない仕上がりとなっています。味は、「マキシムチキントマト味」とのことでゲーム内のアイテムをイメージしているようですが、正直どんな味なのかはまったくわかりません。ちょっと食べてみたくはあります。

価格は、198円と少しお高いのですが、これは結構売れるのではないでしょうか。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 09:02 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ボージョレ解禁日

フライト前にワインで乾杯 羽田、ボージョレ解禁日に振る舞う - 産経ニュース


フランス産の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が解禁された16日、羽田空港の国際線搭乗ゲート前で、乗客にワインが振る舞われた。解禁日と知らなかった乗客も多く、記念撮影したり乾杯したりして楽しんだ。


えっと、今日解禁日ですよね。ニュース系やSNSでほとんど話題を見かけなかったんですが……。まあ、下火も下火というところでしょうか。というわけで、初動で売れなかったらさっさと見切るのが良さそうです。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:29 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

ポプラは独自路線の追求

ポプラ「大手とは違うコンビニつくる」:日経ビジネスオンライン



目黒:いえ、我々にとってお客さんというのは、お店に来ていただいて商品を買ってもらう消費者もそうなのですが、店舗運営をしてくださるオーナーさんですね。事業主さんが加盟できるチェーンの選択肢も減っているんです。


たしかにそのとおりですね。コンビニオーナーにとってのお客さんは、実際の消費者さんであり、コンビニ本部にとってのお客さんは、オーナーさんです。実際そうなっているかどうかはともかく、直接的な関係性で言えば、その通りでしょう。

その上で、ポプラの社長さんは、オーナーにとっての選択肢が減ってきている状況を指摘しています。で、その上でポプラはどんなチェーンを目指すのかと言えば、


目黒:いえいえ……。コンビニ業界が一気に成長して店舗数が増えていく時代は、私たちも大手チェーンと似たような考え方をしていましたよ。ただですね、やっぱり大手と同質化してしまったら絶対に埋没してしまうんです。


と、まさにそのとおりですね。規模が小さいながらも、エッジの効いたビジネスを提供する。これは大切なことです。ただ、ローソンと提携したことで、このポプラの指針が、どこまで貫かれるのか。その点が、若干心配ではあります。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:02 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

2017年10月、コンビニ売上げ

コンビニ3社、10月既存店減収 セブン63カ月ぶりマイナス  :日本経済新聞


コンビニエンスストア大手3社が10日発表した10月の国内既存店売上高は、全社が前年同月比で減収となった。セブン―イレブン・ジャパンは2012年7月以来、63カ月ぶりに前年実績を下回り、ローソンとファミリーマートも客数が減った。大型台風や長雨の影響があった。



以前お知らせしたとおり、セブンの前年実績更新記録が途絶えた10月でした。ローソンとファミリマートも客数減とあまりよいところはありません。もちろん、台風の影響もあるでしょうが、それだけではないでしょう。

客数減、客単価アップ。しかし、客単価が客数を補えるほどではなく、全体ではマイナス。そういう傾向です。これは、ミニストップを加えても同じなようです。

コンビニ大手4社/10月は台風上陸で全社が前年割れ(2017.11.10)|流通ニュース

ちなみに、サークルKサンクスですが、


国内店舗数は、出店31店、ブランド転換222店、閉店39店、純増214店で、ファミリーマート1万4049店、サークルK・サンクス2809店、国内計(AFC含む)は1万7768店。



いよいよ3000店舗を切っていますね。猛烈な勢いで看板替えが進んでいますが、コンビニ全体の調子はあまりよくない様子。刷新が完了した段階では、はたしてどのような状況になっているでしょうか。

ファミリマートの24時間営業見直しの話もあり、今後、かなり大きなレベルでコンビニ業界の揺れが発生してくるのかもしれません。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:12 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

鳥貴族、値上げで苦戦

コンビニではありませんが。

鳥貴族、客減る 値上げ280→298円で 台風影響も:朝日新聞デジタル


10月に全品280円(税抜き)を298円(同)に約6%値上げした焼き鳥店チェーン「鳥貴族」(大阪市)の同月の直営既存店客数は、前年より7・0%減った。同社が7日発表した。28年ぶりに値上げしたことに加え、客数が多い週末に台風が2回襲来したことが響いたという。


値上げを敢行した鳥貴族さんですが、売上げは不振なようで。もちろん台風の影響もあるでしょうが、客単価が3.5%しか上がっていないことを合わせて考えると、通常の客足でもなかなか厳しかったかもしれません。

材料費が上がったり、人件費があがったりすれば、当然どこかの時点では値段にそれを上乗せする必要があるわけですが、安さを売りにしている場合、ときにそれが致命的な出来事にもなりません。つまり、「安さが売り」ならばいいのですが、「安さしか売りがない」ならば、困った状況になるわけです。

もちろん、時間が経てばある程度お客さんも慣れてくるので、じわじわ戻っては来るでしょうが、忘れられないように、何かしらインパクトある施策が必要かもしれません。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * 小売・流通 * 11:56 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools

セブンの、既存店売上げ連続プラス記録が途絶える

昨日は、店舗数の飽和について少し触れましたが、以下のニュースはやや象徴的かもしれません。

セブン売上高、63カ月ぶり前年割れ 2度の台風響く:朝日新聞デジタル


セブン&アイ・ホールディングスが10日に発表した傘下のセブン―イレブン・ジャパンの10月の既存店売上高は、前年比0・5%減で63カ月ぶりに前年を割った。週末に台風が2回襲来したことが響き、客数は同4・5%減だった。


セブンイレブンの連続更新記録についてはブログでもたびたび紹介してきました。たしかに長い記録更新は素晴らしいものではありますが、直近のプラスが「ほとんど±0に近いプラス」だったことは間違いありません。

今回も台風の影響があったことは間違いないでしょうが、その影響を相殺できるほどのプラスがなかった、ということでもあります。台風の影響がなくても、それほど大きいプラスにはならなかったのではないでしょうか。

結局のところ、頭打ちの状態である可能性は高く、社長は「まだまだ出店余地は」みたいなことを言っていますが、その言葉の真実らしさは少々危うくなっています。既存店の売上げが下がり始めれば、どう頑張っても「まだまだ出店余地は」というのは強弁でしかなく、オーナー離れが進んでいくことでしょう。

こういうタイミングこそ、新しいメッセージの打ち出しどころだとは思うのですが、そういうのが出てくるかどうか、ですね。

JUGEMテーマ:ビジネス



Rashita * コンビニ業界ウォッチ * 11:48 * comments(0) * trackbacks(0)
本を作りました
B00O0H7SGSコンビニ店長のオシゴト: 〜個性的なお店の作り方〜
倉下忠憲
倉下忠憲 2014-09-28

by G-Tools
このページの先頭へ